« 演劇という生きていくために別になくてもいいものについて | トップページ | 暴走少女の夢の終わり »

2015年2月15日 (日)

家紋。指輪。風船。

別に続かなくてもいいのかも。大体書けてたから。

虚実入り交じれ。虚と実の間を彷徨う。そこに何を見出すかはわからないし。正解なんてないと思う。

ただあたしが何処に行きたかったのか。
本当に丸い輪の世界の外だった?
脚本の外だった?
何処に行きたかった>何処に行きたい?

2011年6月の人のbolgを読んで。
家紋。指輪。風船。
なによりです。幸せそうで。なにより。

そして2011年のあたしは、、、
昔のblogは楽しいね。
特に2011年はね充実してて。

あー駄目だ。
疲れてる。

おやすみなさい。

« 演劇という生きていくために別になくてもいいものについて | トップページ | 暴走少女の夢の終わり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1407699/58948236

この記事へのトラックバック一覧です: 家紋。指輪。風船。:

« 演劇という生きていくために別になくてもいいものについて | トップページ | 暴走少女の夢の終わり »