« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

11月終わり



怒濤の11月が過ぎていきます。
でもね、12月の方がもっともっと怒濤なんだよ。

ざざっと振り返り。
まずぐろっきーからはじまり1日は1日寝てました。
これは疲労マックスなのに朝まで飲んでしまったつけです。

今月はめっちゃ芝居を見ました。13本を14回。
でも行きたかった芝居はまだあったの。
MU、28日の寺山修司、もしイタ、アジア芸術祭・・・。
時間がまったくなかった...。
仕事もいそがしかったし。。。
そう遊んでただけじゃないんです。
以下、備忘録。

*観劇
ピーターブルック『驚愕の谷』のランスルーと本番
唐組『紙芝居の絵の町で』
渋さ知らズ
FT14『春の祭典』
FT14『透明な隣人』
FT14『桜の園』
FT14『彼は言った』
ゴジゲン
泥棒対策ライト
月いちリーディング
FT14『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』
流山児事務所『青ひげ公の城』
時間堂

*イベント
『手塚治虫 美女画展』
『よるひる映画研究会上映会』
富岡製糸場バスツアー
南阿佐ヶ谷そば屋でのイベント
飯田華子・蛇口イベント

そして友人が開いてくれた、目黒での『千絵ノムラを囲む会』はとても楽しかった。
どうも有難うございます。

2014年11月16日 (日)

FT2014







フェスティバル/トーキョー2014にクルーとして参加しています。

『驚愕の谷』
『春の祭典』
『透明な隣人~8によせて』
『桜の園』
を観劇。お手伝いでも入ったりしています。

残るは『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』
すごく楽しみ。わくわく。

2014年11月10日 (月)

富岡製糸場に行ってきたよ












富岡製糸場バスツアーに行って来ました。
世界遺産登録されてからずっと気になってて・・・。
製糸だよ?絹だよ?お蚕さんだよ?
そしてレンガ造り!ふわ~
魅力満載ですね。

そしてはじめてのバスツアーもすごく楽しみで。
母親とふたりの親子旅行なんだけどとっても楽しかったなー
バスの中ではふたりとも爆睡だったけど。

釜飯!大きい!
でもね、釜飯はランクアップにしないといけなかったから、
お昼は栗ご飯のお弁当・・・。ランクアップできるなんて知らなかったよ。
でもいいの。

紅葉がおわりかけでぎりぎりだったけどとっても楽しい1日でした。

2014年11月 8日 (土)

11月8日



杏理とふたり、恒例のビニヰル打ち上げをしましたよ。
今回はフライヤーを置いて下さったりしてお世話になった、神田ヂンギス王さん。
ライター仕事で関わったのがきっかけで交流をもたせていただきました。
ここの羊肉は本当に美味!
羊の特有の匂いも少なく、どれも美味しいの。
これで2度目だけど、また絶対行きたいです。

杏理とは今回の振り返りをしつつ今後のことなどを話し合いました。
今回もいろんなことがあったけど、その度に絆?しがらみ?が太くなっていきます。
それはとてもいいことだと思う。
杏理が3回目で入ってから、ビニヰルテアタア公演は半分以上が杏理がいたことになります。
はやいですね。これからどんどん増えていくんだろうな。
そしてその度に衝突しては地固まって。たのしみだね。



手塚治虫の美女画展。
どーしても行きたくて、無理矢理時間を作って行きました。
ギャラリーが素敵だったな。ここで芝居できないかなって思ったりしました。
手塚るみ子さんもいらっしゃったけど、お声をかけられず残念。
十村十枝子が素敵だったな。



そして今年もこの日が来ました。
もう13年なんて早いです。
あの時あたしは16歳で、もうちょっとで倍の年月を重ねてしまうことになる。
でも、ここがあたしの原点なのです。
何が起ころうとも、いつだってここを振り返ります。
胸を張って、ここできちんと言うことができるようになるまで、
あたしはがむしゃらに生きるだけです。

2014年11月 7日 (金)

ビニヰルテアタアNewPhoto!












いつもビニヰルの写真を撮って貰っている橋本恵一郞さんに、
またまた撮っていただきました♡

すごく素敵に撮ってくれるから橋本さんの写真は大好き。
Facebookにアルバムとしてまとめたいんだけど、なかなか時間ができず。

秋の夜はキレイ。
でも寒い。

杏理とあたしの写真がすごくいいかんじで、
ああ、相方っていいなって思いました。

こちらはビニヰルテアタアFacebookページのカバー写真として
毎週入れ替わります。

というのはお互い好きな写真が違うので、交代であげようとなりました。
見てみてね!

2014年11月 1日 (土)

終演のご挨拶

ビニヰルテアタア第5回公演『御処河原家の瞬間(ごしょがわらけのまたたき)』
無事終演致しました。みなさま本当に有難うございました。
ひとえに、お越しいただいたみなさま、応援してくださったみなさまのお蔭です!!

「4人姉妹の金と恋と争いの話。」
半年前にふと思ったお話が、こうして形になりました。

演出のパンチョ目黒さんはじめ、アングラ血脈のメンバーで出来たこと、本当に幸せです。
ひと味違ったビニヰルテアタア。

あたしの演出では作れない世界でした。
脚本家としては無邪気に楽しみ、演出家としてはとても刺激をいただきました。
役者としては・・・思いっきりぶりっ子が出来たかなw

毎回たくさんのことを感じる公演ですが、
あたしが演じた四女・緑子の台詞から。

「どんなに殺されても、いくら死んでも、何度でも何度でも生き返るのよ。
だって私たち御処河原家の娘なのよ!不可能なんてこと何もないんだわ。」

ということで、あまねく全てを抱きしめて、ビニヰルテアタアは来年も、
更なる高みを目指し!新たな舞台を作り続けて行きます。

本当にみなさまどうも有難うございました。
出演者&スタッフの方には数え切れないキスと抱擁を!

10419401_885282851483911_4783196571


« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »