« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

448の終わり

ビニヰルテアタア第4回公演『448の女』無事、終演いたしました。
観に来ていただいた皆様、応援してくださった皆様、本当に有り難うございます。

白いカーテンと数字の世界。

この芝居は、主演の堀奈津美さんとイギリスの女流劇作家サラ・ケインが、偶然にも4時48分に起きてしまうという実話を聞き、胸動かされ出来たものです。

サラの全集の序文で、ある作家さんが書いていた言葉。
「サラの台詞の内に、「あなた」自身を見いだした時、彼女の作品は完成するでしょう」

サラ・ケインの遺作『448サイコシス』の中に、たくさんの自分を見いだし、サラと堀奈津美さんの話を自分なりに芝居に出来たこと、本当に嬉しく思います。

ビニヰルテアタアを立ち上げてから、早4回目。
紆余曲折ありましたが、今回の公演を無事迎えられたのも、キャストとスタッフ、そして今まで支えてくださったたくさんの方のおかげです。有り難うございます。

次回公演は秋予定。
今度は演出を、元天井桟敷のパンチョ目黒さんにお願いし、私は劇作と役者に集中しようと思います。(ビニヰルテアタアの相方、目黒杏理のお父上です。)
あくまで予定ですが、女4人の濃厚な殺し合いの物語を書きたいです。笑

最後にこの物語を作るきっかけをくれた、4時48分とサラとなっちゃん、本当に有り難う。

20140428093214


2014年4月24日 (木)

ビニヰルテアタア第4回公演『448の女』

448

448_2

4月末に自分主宰の演劇ユニット、ビニヰルテアタア第4回公演があります。

ビニヰルテアタア第4回公演
『448の女』
http://vinyltheater.com

作・演出 千絵ノムラ
原作 Sarah Kane『4.48 PSYCHOSIS』

@宇宙館(明大前)
東京都世田谷区松原3-19-2
0363795001

京王・京王井の頭線「明大前駅」 徒歩8分
京王・東急世田谷線「下高井戸駅」 徒歩6分

2014年4月24日(木)〜27日(日)
24日(木)19:30
25日(金)15:00*/19:30
26日(土)14:00/19:00
27日(日)13:00/17:00

※受付・開場は開演の30分前です。

前売2800円/当日3000円/平日マチネ割2500円

作・演出 千絵ノムラ
原作 Sarah Kane『4.48 PSYCHOSIS』

出演
堀奈津美(DULLCOLORED POP)
目黒杏理(ビニヰルテアタア)
松永明子(【MM】)
緑川陽介
大沢光秀
柿原裕人
永島雄三(B.WALK STUDIO)
千絵ノムラ(ビニヰルテアタア)

448、サラ・ケインが『4.48 サイコシス』を書いていた時間。
448、堀奈津美がよく起きてしまっていた時間。
偶然にも重なる448の世界。

イギリスの女流劇作家サラ・ケインの遺作『4.48 サイコシス』。
当時鬱病に苦しんでいたサラは、治療薬の影響の抜けた明晰な意識の下で書くために、毎朝4時48分に起床していた。そして偶然にも女優・堀奈津美もよく4時48分に起きてしまうのであった・・・。
2つの448が織りなす、新たな物語。

女4人男4人で織りなす濃厚な448の物語。
是非いらしてください!!

お問い合わせは
vinyltheater@gmail.com
070646432228
まで。

チケット予約はこちらから!

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] 二次会ドレス レンタル

2014年4月21日 (月)

【宇宙館への道順・明大前駅より】

宇宙館
住所 東京都世田谷区松原3-19-2
電話 03-6379-5001
京王・京王井の頭線「明大前駅」 徒歩8〜10分
京王・東急世田谷線「下高井戸駅」 徒歩6分

20140423_02646_15

◎明大前駅からの道順をご案内します。

Th_img_3137_7

まず明大前駅、正面出口に出ます。

Th_img_3142_4

正面口改札を出たら、まず左にまがりガード下をくぐります。

Th_img_3145

すると「工藤建物」という青い看板の不動産があるので、その前を右に曲がります。
その先には左側に、はなの舞いやガストがあります。

Th_img_3147

そのまま線路沿いの道をまっすぐ歩きます。

Th_img_3148

はじめの踏切をすぎます!
ここの角には春夏冬という中華屋があります。
(おそらく“秋ない”=“商い”なのかと。)

Th_img_3151_2

そして、そのまままっすぐ進みます。

Th_img_3152

左手には、山猫珈琲店、

Th_img_3155

しらゆり薬局、

Th_img_3158_2

平屋のコインランドリーがあります。
(風情があるコインランドリーです)

Th_img_3159_4

すると道が細くなり2個目の踏切になりますので、ここを左に曲がってください。

Th_img_3186

※赤い屋根の家で、この番地が目印です!

Th_img_3160_3

※この家です。
指さしてる方へ!!

Th_img_3163

そしてその道を進みます。
ここからがちょっと長めです。
とりあえずしばらくまっすぐ歩きます。

Th_img_3164

進んで、

Th_img_3165

左手に、コンクリートの建物、
それからみどり幼稚園があります。

Th_img_3166_2

こんな風景が途中にあります。

Th_img_3167

左手に中学校があらわれます。
そしたらもうすぐ!

Th_img_3168

そのまま進むとグラウンドが見えます。

Th_img_3175_4

そしてもうちょっと進み、グラウンド真ん中あたりの右手に「灰色の3階建てのマンション(ル・サンク 世田谷松原)」があるので、ここを右に曲がります!!
(ちょうど左側には、ミラーがある場所です。)

Th_img_3174_4

※注意※
ここはわかりにくいので要注意です。
この角です!!

Th_img_3176

※注意※
この灰色のマンションです。

Th_img_3177

そして曲がったら、そのまままっすぐ進みます。

Th_img_3181_4

右手には茶色のマンション。
そして、そのまま小さな通りを越えると(右手にコインパーキングに自動販売機2個あります)、、、

Th_img_3182_3

通りを越えて右手3件目あたりに、白い建物の「宇宙館」が見えます。

こちらが今回の会場です。
お疲れ様でした!!

どうぞビニヰルテアタア『448の女』をお楽しみください。

案内役は、出演者より松永明子さんでした!

2014年4月20日 (日)

448まであと少し

10003308_774199585925572_819721108_
photo by Natsumi Hori(*rism)

448の女まで間もなく。
ビニヰルテアタアFacebookpage
では役者紹介が日々行われています。
その時のあたしの写真です。
紹介文も是非読んで見て下さい。

そしてそれとは別に、劇団の先輩による紹介文です。
唐組の名花、赤松由美さんより。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「唐組の元後輩に、多田亜由美と野村千絵という凸凹コンビがいます。

来週、野村千絵改め千絵ノムラの方が、公演を主催するそうです。
私は稽古が修羅場で行けなさそうなのですが、みなさん良かったら行ってあげてください。

かわいいもの大好きな千絵ノムラ。
唐組の公演の本番中、受付業務に専念しすぎて出番に遅れそうになり、テントのポールに頭をぶつけておでこにものすごいタンコブを作っていた千絵ノムラ。
みんなそれを見てゲラゲラ笑うだけで、誰も同情してくれなかった、とくやしそうにしていた千絵ノムラ。
それでもおしゃれには気を抜かなかった、ここ、執念!

そんな千絵ノムラが現在主催するビニヰルテアタアの公演を、
多田亜由美が紹介している文章が
カオスで的を射ていて面白かったので、引用させてもらって、告知させてもらいます。

以下です。

※※※※※※※※

今日は、9年ほどお付き合いをさせていただいております、野村千絵こと千絵ノムラさんが主宰する、ビニヰルテアタアという演劇ユニットの第4回公演『448の女』が近いということで、誠に僭越ではありますが、私から彼女の簡単な紹介も含めて、宣伝させていただきます。

彼女と出会ったのは劇団で20のとき、学年は同じだったけど2つ下の後輩として入団してきた

中高一貫教育の女子校を経て、大学では哲学を専攻し、卒論は「自死論~意志と表象の世界より」と題しショーペン・ハウアーを扱い、好きな作家は谷崎潤一郎、愛読書は伊藤潤二という。

そんな彼女の一人称は、出会った当初から今でも、口語でも文語でも常に「あたし」だ。「あたし」って何なんだよ、と思う。もう我々いい加減30になるんだぜ。マジな話をしているときにでも「あたし」とくるから、ときどきこちらは少し苛つく。

でもふと思った。この「あたし」にこそ、彼女の意志と表象が表れているんじゃないかと。彼女が書き下ろすビニヰルテアタアの作品は、言葉で紡がれるイメージが時に難解ではありながらも、まだ成熟しきらない女という性が同居しているように思う。それは彼女が称する「あたし」の世界そのものだと、私は考える。

今回ビニヰルテアタアが上演するのは、そんな彼女―千絵ノムラが書き下ろした『448の女』で、そのモチーフとなった作品は、イギリスの女流劇作家サラ・ケインの遺作『4.48サイコシス』だ。さらに、呼び込み文はこう続く

当時鬱病に苦しんでいたサラは、治療薬の影響の抜けた明晰な意識の下で書くために、毎朝4時48分に起床していた。そして偶然にも女優・堀奈津美もよく4時48分に起きてしまうのであった・・・。2つの448が織りなす、新たな物語。

以下詳細です。

【日程】
4月24日(木)19:30
25日(金)☆15:00/19:30
26日(土)14:00/19:00
27日(日)13:00/17:00

【料金】
前売:2800円/当日:3000円
☆の回のみ平日マチネ割引2500円

【場所】宇宙館
京王井の頭線「明大前」徒歩8分
東急世田谷線「下高井戸」徒歩6分
世田谷区松原3-19-2
03-6379-5001

【出演】
堀奈津美(DULL-COLORED POP)
目黒杏理(ビニヰルテアタア)
松永明子(【MM】)
緑川陽介
大沢光秀
柿原裕人
永島雄三(B.WALK STUDIO)
千絵ノムラ(ビニヰルテアタア)

【問合せ】
ビニヰルテアタア
http://vinyltheater.com/next.html
070-6463-2228
vinyltheater@gmail.com

多田亜由美
※※※※※※※※※

そして二人は今なぜかつるとんたんを切望している。
そんなに美味しいっけ!?

皆様、ご興味持っていただけたらぜひに〜∩( ・ω・)∩」

2014年4月12日 (土)

Photo_13

マトリョーシカが好きで、チェブラーシカも好きで、ボルシチも好きで、好きなものがロシアには詰まってる。でも行ったことはないのです。

チェコにまた行きたくて。
ドイツにも勿論行きたくて。

ハンブルグへ行ったり、プラハに行ったり、ライプツィヒに行ったり、アムステルダムに行ったり。

でも1番観たいのはタージマハルなのです。

2014年4月 4日 (金)

エゴサーチ

20140404_141901

千絵ノムラってググると出てくる単語

トンスル、うん、飲んだからね。
wiki、残念ながらまだないんです。NEVERに写真のまとめはあるけど。(有り難うございます。)
在日、一時②チャンネルでデビューしました。純日本人ですが、なにかと言うと在日という日本社会をどうかと思います。
カエル、うん、食べました。

なんかもっとこう活動に関連したものが出ればいいのにな、とワガママ言います。
画像も酷い・・・><

こういう自分をリサーチすることを「エゴサーチ」と言いまして、
津田大介さんは、エゴサーチして出てくる誹謗中傷を「気にするな」と。そして読むなら全て読んで、読まないなら全く読まないようにとトークイベントでおっしゃってました。中途半端はいけないということですね。

作家の朝井リョウさんは自分以上に自分をわかっている意見を読みたくてエゴサーチするそう。でも出会ったことはないそうです。

あたしは・・・千絵ノムラって検索して、唐組時代の野村千絵が出てくると嬉しい。

Image

2014年4月 3日 (木)

工藤哲巳と眼球

先日、『あなたの肖像―工藤哲巳回顧展』を見てきました。場所は竹橋の東京都国立近代美術館。てっきり東京都現代美術館かと思って危うく清澄白河に行くところでした。思えばMOTは見に行きたいスペインの現代アート展をやってる最中。

工藤哲巳氏はお初だったのだけど、とても好きでした。眼球とか肉体の一部っていう部分や、それを鳥かごに入れたり、お花があったり、当時だったら傾倒していたと思います。

時代的にはぎゅうちゃんこと篠原有司男氏や荒川修作氏、赤瀬川源平氏と同じ時の芸術家だそう。
ぎゅうちゃんのドキュメンタリー映画「キューティー&ボクサー」を1月に見たので勝手に親近感。

インポ哲学が本当に男性器ばっかりで。女性は絶対作らない作品だなと、そして、あんな風に生えてきたら面白いなあと思いました。本当にさなぎに似ているね。

そう思うと、阿部定をあたしがふと気になったのも、どこかでリンクしてるんじゃないかしら。偶然だとしたら面白いです。阿部定がとった男性器が、増殖して工藤哲巳の作品になってたり。

眼球とカタツムリを一緒に植木鉢で育ててるのがとても共感するところがあって。
もっと見たかったな。

作品名も好きでした。あと色使いも。
パステルが、昔の状況劇場とかのポスターみたいで。
お家に欲しいくらいです。

Exhb_275
《あなたの肖像―種馬の自由》

Cont_1993_1
《人間とトランジスタとの共生》

Cont_2003_1
《マザー・コンプレックス・パラダイス》

2014年4月 2日 (水)

阿部定

阿部定事件ってちゃんと知らないなあと思ってふと開いてみたら、1時間以上追うことになってしまい、なんとも言えない気持ちになりました。

いつかシリアルキラーを調べまくってテッド・バンディや津山30人殺しに行き当たった心持ち。
そう驚くべき事に津山30人殺しの都井睦雄も阿部定に惚れて、結核で死ぬぐらいなら阿部定事件以上のことをしてやると言っていたそうな。それを実現させてすごいよね。

土方巽とのツーショット写真もすごい!!
これは保存ものですね。
坂口安吾とも交流があったそうですごい。

『愛のコリーダ』をずっと見たいと思っていて見れてなくて、でもやっぱり見なくっちゃ。
『野獣死すべし』と一緒に見たい。

そして殺された吉さんの写真を載せていた新聞もすごい。新聞にあんな写真載せちゃうんだ。今なら想像がつかないことです。

阿部定事件をモチーフにした映画や舞台は数知れずあるけれど、どれもモチーフだからね。本人の真意はわからないと言えども、けっこう定さんご自身が語っているんだよね。

そして事件も衝撃ながら定さんの人生も波乱にみちたもので、飛田新地でも働いていたのには吃驚しました。飛田新地は2011年に、出張ついでに行ったのだけど、本当に独特であそこだけ別世界。あそこで働いていたんだなあとしみじみ思いました。

そしていままたシリアルキラーを読み耽って気分が悪い。朝から。笑

2014年4月 1日 (火)

3/30ミニリーディングの風景

10007069_665960373484603_1176111716

10154975_665960463484594_445054780_


1888877_665477273532913_117666612_6


10003041_665960520151255_1375411987


« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »