« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日)

2013年おわり

20131228_114329_3


2013年が終わります。
あっという間に12月が終わることに吃驚しています。
思った以上に今月もつまってました。

フリークシアターでの一人芝居と映像のワークショップ。
そしてロケットニュースでの武者修行記事。

Facebookが勝手にあたしの1年をまとめてくれるみたいで、
それの写真がいっちょまえに良かったので、パクリました。

きちんと振り返りもしたいです。

2013年12月17日 (火)

12/17(火)千絵ノムラ一人芝居『シングルマザー』

1473029_471319266310985_586885250_3

2013.12.17(TUE)
【火曜フリーク・シアター】vol.4

@新宿SoulKitchen 

OPEN 19:00 START 19:30
CHARGE ¥2000(2ドリンク付)

LIVE
・猫道(猫道一家)
・千絵ノムラ(ビニヰルテアタア)
・クラーク内藤
・TRICK ART

猫道節×ソウルキッチン 共同開催の第四弾!
一人芝居、ポエトリーなど異色のライブが観られる
濃い3時間です。

あたしは猫道くんの脚本・演出による
一人芝居『シングルマザー』を上演します。

こちら猫道君によるプロフィールです↓

20131206_184628_4

2013年12月16日 (月)

シングルマザーへの覚え書き

シングルマザー。

今回の一人芝居はもともと猫道君が書いていた作品です。
今までも何人かの方が演じていて、今回は再々々々演くらいかな。

猫道一家であたしが演じさせてもらったのは、
「石棺and the city」
「鞄」
「虹のカケラ」
の3本でどれもあたしの恋愛がてんこもりの作品。

特に「石棺and the city」は内容が内容なので、門外不出です。
あの西荻の夜に来た人だけのお楽しみ。
「鞄」はノーコメントで、「虹のカケラ」は素敵にファンタジーです。

シングルマザーもあたし用に改訂してくれて、千絵ノムラ仕立てです。
でももっとプライベートぐちゃーというかんじかと思ったら意外とマイルド♡
マイルド仕立てですよ。

勿論、中には「これ言わすの><!!」と思うところもあります。
だって猫道くんだもん。
そりゃ言わすよね。

シングルマザーは一時、本気で目指してました。
だってお金と種があれば生めますもん。と思っていたのです。

と語ろうとしたけど、ちょっとネタバラシになっちゃうかもしれないので、
ここまで。

猫くんいわく、「千絵ノムラの一人芝居『シングルマザー』、ほんと気持ち悪くて意味がわからなくて最高なので、不条理が好きな人は是非来て下さい。」とのこと。

不条理という言葉は嫌いではないです。

とりあえず、明日でまたひとつの区切りがつきますの。
だってあたしは大きく諦めることがあるからです。
さようなら。

2013年12月 6日 (金)

花咲く青モンド

Bayrjbdciaaz8zdjpglarge_2

先日アーモンドの絵が飾ってある部屋でひとり一人芝居の練習をしました。
この絵の名前はあたしは意外と納得できなくて、なんででしょう。
背景の青色のせいかしら…。
だからあたしはあえて、青モンド。

話は違って「〜世代」って良い言葉だなって思います。
かっくいーです。
そしてきっとアーティストの名前がついたりすると、かなりの共通言語になります。
「小室世代」とか「聖子ちゃん世代」とか。

きっと兄だと酒鬼薔薇世代。
アーティストじゃないけれど。
昨日見た芝居はまさにそんなお話で。
途中の酒鬼薔薇の言葉を喋ってる女の子が可愛かった。
目の保養は大事なのです。

世代。諸星世代。萩尾世代。どれも何故かしっくりこない。
でもドラゴンボール世代、ワンピース世代なら大丈夫でしょ?
どどんっと長いからかしら。

今月も6日で。17日のフリークシアターまでぎゅぎゅっと詰まってて。
大丈夫かなあ。生理前の熱っぽさも加えて不安です。

最近、ヨコハマに関わることが多くって。
横浜はあたしにとっては生まれ育った場所だけど、
実はそんなに知らなくて。
中学から都内だったからか、一人暮らしも西荻だったからか、
都内コンプレックスがあったりして。

横浜の海風が通り抜けるビル群というか、今は栄えてるけど、
昔はなにもなかった広大なみなとみらいあたりが、好きじゃなくて。

でも。今は、なんか孤立した都市のような、
そんな横浜に興味をもちます。
決してオシャレとかそういう言葉ですませられない、
泥臭さとか、ダサさとか、冷たさとか、そういうのがあると思うのです。
それをあたしはつめていきたい。

シェアハウスを昨日の芝居で、
貧乏人が集まってリア充を強調してるだけ、というふうに言っていたけど、
違う土地の人の横浜のイメージってそんなシェアハウスの上辺のかんじがして、
本当はもがいてもがいて、地元感がすごくって、
でもだからいいんだと思うのです。

オシャレで清潔で、血が通ってないようないコンクリートじゃなくて、
血が普通ーに流れている、つげ義春のような・・・
ちょっと例えが違うかな。
そこのところを見て行きたい。

と、何故か、東京は北区、王子駅前のスタバで横浜に思いを馳せてます。

2013年12月 3日 (火)

1203

A1c7c446e6c62e9adb4377f56066c484

12月です。師走で。前の気持ち悪い記事のまま放置しておりました。ごめんなさい。
今日は火曜日ですね。何日ぶりのおやすみだろうということで、睡眠をここぞとばかりにむさぼりました。夜、横浜建築都市学 都市と演劇における「図と地」に出掛けたかったのですが、疲れがとれず喉が痛く、安全パイをとりました。

上の写真は最近のSNSすべてにおいてプロフィール写真にしてるのですが、あたしの足です。
一昨年にボディペイントした際の写真をネガにしました。そうしたら真っ赤なお花がそれはそれは綺麗な水色になったので起用。ちょっと落ち着いたらせめてFacebookくらいは顔写真にしようと思います。

12/17(火)【火曜フリーク・シアター】vol.4
@新宿SoulKitchen 
19:30~ ¥1000+D
LIVE/猫道(猫道一家)、千絵ノムラ(ビニヰルテアタア)、クラーク内藤、トリックアート

一人芝居します。「シングルマザー」という猫道君の脚本です。
しばらくしないと思っていた一人芝居ですが、20分ものの短編ということもあり全てを捧げられたらいーな。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »