« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月20日 (月)

a i u e o

1369024886558.jpg

最近見た芝居が立て続けにフ抜けていてザーン年。
フヌケというかあたしに合なかったんだろうな。
うん。響く人もいたと思うもの。

鳴りもしなかったあたしの青電話が
最近大活躍していて嬉しいのです。

音が鳴るっておもしろいなあ。

手帳が青色の文字でうまっていくと、それが空みたいだったり海みたいだったり。
もう全部青になってしまえーーって。
全部まっくらとかまっしろとかは嫌だけど。
まっさお なら幸せ。
うーんまっさおはやっぱり微妙かもしれないけど
まっみずいろならどこまででも生きていける気がします。
いや しんでるのか。

名字フェチのあたしですが最近珍しい名字の方々とばかりお会いできて嬉しい。
数字が名前に入っている方おおいですね。
二、三、五。
あ、でもそのへんかな、名字でお見かけしたことあるのは。

あたしがノムラチエという本名の好きなところは、
母音がすべてはいっているところです。
5文字の中に5個の母音がすべてはいっているのです。
a i u e o

小さい頃は、ちえを逆にして、えっちえっちとからかわれてました。
小学校中学年くらいでアルファベット習ったとき、
男子たちに、お前えっちだからHはいってんだろーと言われました。
確かに!CHIEと入ってるんです。ちはCHIだから。
なんかその時は逆に嬉しかったです。
それから高学年くらいになると、えっちーと言われても
心の中で、えっちだもーん!って思えるようになっていきました。
思えばずっとえっちと隣り合わせにいたような子ども時代だったなあ。

2013年5月18日 (土)

にたくな くなるく すりし

1368841634496.jpg

5月も18日すぎ。
意外と振り返れば、前の日記からあまり時間が経っておりませんね。
良かったです。

*5月前半に伺ったもの
古泉智浩よるひる映画研究会
寺山修司と天井棧敷◎全ポスター展
フランシス・ベーコン展 BACON
ミュシャ展 パリの夢 モラヴィアの祈り
LOVE展 アートにみる愛のかたち
ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの
『辞書、のような物語。』刊行記念トークイベント 戌井昭人「ことばの数だけ紡がれる」@蔦屋書店
Welcome to the Jungle 熱々!東南アジアの現代美術
山口晃展 ~付り澱エンナーレ老若男女ご覧あれ~

来週は初かもしれない週に5本観劇予定!!わぉ!
リア充自慢は嫌いですが、リア充は素晴らしいですね。
まぁあたしのこの記録もどこかしらそうなんだと思います。

ちなみに簡単すぎる感想を。
よるひる映研ではこのたび、長編やっつけを。
寺山命日にポスターを見て初心に戻り。
ベーコンで恐ろしさを感じ。
ミュシャで普遍的な美と目的と達成を見て。
LOVE展で大好きな現代アートのとってつけた感に失望。
ハーブ&ドロシーでちょっと持ち直し、久しぶりの映画で涙。
戊井さんのトークイベントでは、見せるというMCを考え。
熱々!東南アジアでは、アジアの念に油断した自分に反省。
山口晃展は、とにかく絵がうまい!!

久しぶりの生理が辛すぎて辛すぎて。
女体ってすごいな、おい、とベッドでうなだれています。
最低週1!と決めているバレエにも行けず自己嫌悪。

そいえば今週は父親の愛読漫画誌ハルタをずっと読んでました。
面白いね!!!

では。後半も頑張って参りまふ。

2013年5月 7日 (火)

浅草まにまに

5月5日こどもの日に仲良しの猫道くんと、
ぶらり下町散歩をしてきましたよっ!

いきあたりばったりのあたしに対して計画などきちんとする猫道くん。
なのでただあたしのリクエストは下町を散歩したいのみ。
あとは全て猫くんにおまかせ。

1367935670156.jpg

まずはプロマイド写真で有名なマリベルさんというお店が経営しているレストランでランチ。

1367935674182.jpg

ミートボール入りのシチューをいただきました。

1367935677859.jpg

そして人混みで混雑している浅草を抜け、吉原へ。
その途中に見つけた伝書鳩の印。
あたしは鳩が可愛いだけで、伝のマークになっているのは最初気づかず。
撮った写真を見返したら「伝」っていつ撮った?
と思ったら鳩さんたちでした。

1367935679701.jpg

素敵アンティークショップ。
路地の奥にあるのがまた良いですね。

1367935681750.jpg

中はちょっと入り組んでいて面白かったです。
小部屋がたくさんある隠れ家みたいな。

1367935684924.jpg

かわゆすなハイジワンピ。

1367935687075.jpg

そして浅草を抜け吉原に。
あたしははじめてでした。
いまはソープ街になっています。
でも神社があったり、遊女たちの供養塔があったりと、
昔をかんじさせる場所もいくつか。

供養塔の近くの公演にあった、いわゆるコーヒーカップなる乗り物。
小さい子用だから小さかったけど、ぐるんぐるん回って気持悪くなりました。

1367935690146.jpg

浅草付近に戻ってきたところで、
あれ?
・・・・あれれれれ?

1367935692618.jpg

来たー!
まさかの「ジャガーの眼2008」のポスター。

これはですね。あたしがかつて所属していた劇団唐組の公演ポスターです。
この作品こそ最後の舞台でした。

1367935694755.jpg

下から5番目に名前が。
本名です。
嬉しいですね。

素晴らしい名作、唐十郎の「ジャガーの眼」。

しかし5年も前のものがまだ貼ってあるなんて。
時がとまったかのようです。

1367935696599.jpg

看板と店内の差が最もすごかったニューフロンテさん。
いや入っていませんが。

1367935698749.jpg

15時にはお茶タイム。
猫くんご注文のプリンアラモード。

猫くん、これが幸せだよ。

1367935702148.jpg

苺とホイップと猫道くん。
ほぼ恋愛話で時が過ぎました。
特に猫くんの濃い恋相談。
いやあたしもしましたけど。

1367935705507.jpg

プリンアラモード+アイス珈琲
サヴァラン+珈琲

1367935709200.jpg

文豪も通ったという喫茶アンジェラス。
浅草に寄った際には是非。
ちなみにこちら入り口にはお持ち帰りの人もごっちゃになっているので
人でいっぱいでも、待ってるんだとめげないでください。
かなりの確率で入れます!

1367935711828.jpg

スカイツリーから錦糸町に歩く途中。
昔ながらのお店がたくさん。
こちらの足袋を履いてみたい。

1367935714084.jpg

正午がぴったりなスナックですね!

1367935716892.jpg

夕飯を何にするか悩んだ結果に、
名前だけで即決な
らーめん「一途」。

鶏つけめんはさっぱり塩味で、
こんな爽やかな一途さもあるんだと
身につまされる思いでした。
美味しゅうございました。

1367935720563.jpg

おまけ。
鼻が丸い、あたし。

2013年5月 2日 (木)

よるひる映研7上映会

1367473671243.jpg


『よるひる映研7上映会』

5月6日(月)午後3時
阿佐ヶ谷よるのひるね

ご予約 ¥1000+1d500
当日  ¥1300+1d500 

申し込み:yorunohirunepro@gmail.com  
     03-6765-6997

作品:古泉智浩,羽生生純、枡野浩一、タイム涼介、奈良崎コロスケ、ピョコタン、村田こうじ、モリミキ、ちくまサラ、森一生、宮下拓也、田中真知子、増山かおり、千絵ノムラ

漫画家の古泉智浩さん主宰の、阿佐ヶ谷のよるのひるねを拠点とした映画研究会です。
いわゆるサークルみたいなもので、映画を撮ってみよう!というもの。
今回で7回目になります。
あたしは3回目くらいから参加していて、はやくも4回目。
お世話になってます。

メンバーは漫画家さんやライターさんなど物書きの方が多く、とても刺激を受けています。
今回は新しい方がいなかったので、おなじみメンバーだったのでしっとりと行われました。

その上映会がゴールデンウィーク最終日の5月6日に行われます。

あたしは短編1分と長編5分、両方とも撮りました!
初です☆いつもどちらかだけだったので、2本なんて快挙です。

長編は紅一点だったので、あたしが念願のものを撮りました。
気になる方は是非いらしてくださいまし。

全部で25作品くらい上映するそうです。

ちなみに画像はよるひる映研とは何も関係はありません。
あたしが好きな栞です。

1367480435150.jpg

このみたらしだんごは、長編撮影日の中野にて欲望に負け食べたもの。
とおおおおおっても美味でした。

2013年5月 1日 (水)

躑躅

1367416614759.jpg

5月になりました。
あっという間です。
今年ももう半分近く経ったという恐ろしい現実。

あれね。つつじって読むんだって。
吃驚です。骸骨みたいですね。いや髑髏か。
小さい頃つつじの蜜を吸うのが好きでした。
甘くて美味しくて、なんか蝶々になったような、はたまたファンタジー少女漫画の主人公になったような、そんなかんじ。
今の小さい子は吸い方なんてわかんないだろうな。
大気汚染がすすんで、よくないって言われてるかもしれないしね。


1367416618586.jpg

最近はコレ、ずっと前に買ってあった嵐山光三郎さんの『人妻魂』を読んでいます。
こういう女性について書かれている本が好きで、寺山修司さんのもあるし、中国の歴史上の女性について書かれている本も持っています。

そういえばその昔、携帯は妲己ちゃん、自転車は楊貴妃ちゃん、日傘は韋后ちゃんと名前をつけてました。
そんで韋后ちゃんが楊貴妃ちゃんの車輪に巻き込まれ、一世一代の喧嘩がはじまってしまったなーと焦ったものでした。

やっぱりあたしは女性が圧倒的に好きです。


1367416103203.jpg

今日はここに見学に行って参りました。
初台にある劇場です。
床がまちまちに違うのは嫌いじゃないです。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »