« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月26日 (水)

師走を追走する記憶と伴走より

ご紹介遅れましたが、
あたしが敬愛する歌い手のおひとり、
同い年の河内伴理さんがカルメルの感想を書いてくださいました。

河内伴理さんblog「師走を追走する記憶と伴走」

あたしが本当に!!と思っていたことを代弁してくださり、
感謝感激です。

伴理さんは以前書かせて頂きましたが、
間違わなくても心奪われる歌声、いや歌?の持ち主です。

いずれご一緒出来たらいいな。

円盤の豆。

クリスマスは、ぐろい夢をたくさんみましたよ!

まず兄と2人世界に残される夢。
閉塞感あふれる中、あたしが生み出した理論を証明できれば
人類の未来が開けるというなんともやるせないもの。
それでも兄が一生懸命な姿に胸が打たれました。
こんな数学もなにかもわからないあたしが生み出した理論が
まかりとおってたまるかってかんじです。

もういっこは、本当になんていうの?
あたしのいままでのへどろのようなものが出ているような夢で
宗教やらドラキュラやらカルトやら死とかが
おっきい壷に全部ぐちゃぐちゃにいれられたようなものでした。

あたしの知人の女子3人が、何かのドキュメンタリー番組で、
軽いタッチで行われた中に、レイプされたり、死姦されたりして、
それはそれはぐろくて、みんな結局死んじゃうんだけどね、

そこによくわからないフランケンシュタインみたいな博士が出てきて、
彼女らの死体を操って、なんかの番組を墓場でとってて、
犬とかも操ってて、その博士も力を使い果たして死んじゃうの。

唖然と残されたあたしは、
クルーの誰かの身体から血が飛び出してきたから、
慌てて救急車を呼んだら、
そこは建物の中で、
うちらは包囲されてて、
どうやらあたしたちは吸血鬼だったみたいで、
看護婦たち(みんな何故かおばちゃま)に、
ナイフで刺されるの。

あたしは頑張って逃げるんだけど、
やっぱり追いつめられて、
逃げられないよって言われて、
「ですよね〜」って笑って、
お願いだから楽に殺してくださいって
嘆願するの。

そうすると大きい刀と小さいナイフを十字の形に重ねて
斬りつけられるのが一番いいと言われ、お任せすることに。

あぁ次に生まれる時は、
忌み嫌われる吸血鬼ではなく、
人間の赤ちゃんに、
そしてそのあかつきには公園で馬の乗り物で遊ばせてね、
ってその看護婦さんにお願いして、
倒れ込むの。

その看護婦さんは笑顔で頷いて、
まわりの看護婦さんたちに、
それではナイフをって言ったら、
さっき見せてくれたのより相当痛そうなのを持ってきて、
あたしは話が違うじゃんって思った瞬間、
目をつぶって、

一瞬沈黙の中、激痛が走って、
あれ?ここは何処?
来世?じゃああたしは馬の乗り物にのった人間の子ども?

って思ったら、ノムラチエでお布団の上でした。

深夜3時で。
まだ朝じゃないのかよ、と思いながら
また眠りにつきました。

もしかしたらあれが前世なのかもしれまんね。

その前にもとっても宗教に絡んだ夢を見たのだけど、
そしてこれと絡みあっていたのだけど、
また明日にでも書きませう。

思うにね、藤原竜先生の『屍鬼』からとっても影響うけてると思います。
あの釘をうけるかんじ。

ああそういえば、あたしは本当に無知なことを知った1年でした。

シリアルキラーも
津山30人殺しも
人民寺院も
知りませんでした。

こんなこと書いたら、こういう子だと思われちゃうかな。

いいえ、あたしは本当にノーマルなんです。
好きな食べ物はお蕎麦と杏仁豆腐だし。

そうそう遅まきながらね、
ブラック珈琲と麦酒も飲めるようになったんです。

来年は美味しい珈琲を入れられるようになりたいです。

その為にミルが欲しい。
円盤の豆が欲しいです。

2012年12月11日 (火)

水色の厭フォン

あたしの水色のイヤホンが 
うねうねうねうね動いて
なにかを捜しているのか 探っているのか
わかんないけど なにもないよ
なにもないんだよ

そっちのほうには なにもない


やっと ずっと ぐつぐつしていたことが
つながって ああ そういうことだったのね 

恥ずかしい
ってそういうこと

ごめんね
わかんなかった

ちょっとしっくりきたよ


組曲虐殺 がとってもよくって
祈りと怪物 もよくって
おなかいっぱいです

でも食べても食べてもおなかがすくの

でも怖くて 炭水化物が食べられない

2012年12月 3日 (月)

発露

ずっと放置していました
何故か覗かれているかんじがぬぐえなくて。
じゃあブログなんてやるなよというかんじですが。

昨日は友人のお宅にお邪魔して
とてもとても楽しかったです。
男子たちが寝てしまっている中、ガールズトークに盛り上がり、
お酒もあいまってぺらぺらぺらぺら話してしまいました。

そうぺらぺらぺらぺら
紙みたいに
安部公房のカルマ紙の中に名刺になってしまった人がいるけど
シャレた名刺入れが欲しいのです

発露!!
先週久しぶりに夜が怖いという日がありました
夜が怖いんじゃなくて、内面が怖かったのかな
何年かぶりのこの状況にあたしは迷わず人を頼りました
潔いでしょ

その友人曰く、発露したねと。
発露…。
露が入って素敵な言葉ですね。

おわりまして。

終わってから大分経ってしまいましたが、
ビニヰルテアタア第2回公演
『カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢』
ご来場していただいた皆さま、応援してくださった皆さま、本当に有り難うございます。

おかげさまで無事公演を終えることができました。
満員御礼の回も何度かあるほど、多くのお客様に来て頂きました。
感謝でいっぱいです。

まだまだ勉強することばかりですが、今回得たものを全て飲み込んで、
これからも真摯に邁進して参ります。本当に有難うございました。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »