« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

向日葵

残暑厳しい8月終わり。

今年の夏はしっかりと地に足つきながら,
猛ダッシュで走っていた気がします。

1314689655562.jpg

向日葵。

お盆帰った、山梨の母の実家に咲いていました。

向日葵も好きな花のひとつです。
ドンと咲き誇る、ポップな姿が可愛い。

堀辰雄の小説に、

塀の上を向日葵が歩いている。と思ったら、
麦わら帽子をかぶった少女が塀の向こうを歩いていた。

という,とても素敵な描写があります。

5年くらい前,

お気に入りの麦わら帽子をかぶっていて,
家に帰って来た時,居間にいた父が,

「わ!大きい向日葵かと思った!」

と言ってくれて,とても嬉しくなりました。


向日葵。

あんな風に

ポップに堂々とお日さまにむかって

いけたら,いいな。

スタートが遅い女

あたしはスタートが遅い女です。

いつも夏休みの宿題は9月に入ってからだったし,
提出物はぎりぎり,
テストは一夜漬け。

この頃また学校に通い始め,
改めてスタートの遅さを思い知ります。

どんだけぎりぎりが好きなのか。

今日もしなくてはいけないことが
なかなか出来なくて
胃が痛くなって来て
思いきってしてみたら
意外とすんなり。

そんなもんだったりするんです。

きっと告白もそう。
駄目かも駄目かもって思ってて,
でもしてみたら意外とOKで,
なんでもっとはやくしなかったんだろうって。

紳介も言ってたけど,
思いは伝えなきゃ!!
その時にしか答え合わせはできないからね。

1314689621382.jpg

丑年女ですが,
亥年女のおばあちゃんからの隔世遺伝で,
確実に,猪突猛進型です。

突っ走ると止まらないんだけどね,
動き出すまでがウシなんです。

広島の森にある廃校,
この屋根にある風見鶏は,
なんとイノシシで,
青空のもとクルクル気持ち良さそうでした。

2011年8月23日 (火)

ホロヨイ

1314110224874.jpg

会いたいと思う人がいる。

それってすごく大事なことで,素敵なこと。


久しぶりに泥酔して,どうしようもなく会いたくなった。

なんとかして会えないかなって。

でも現実はなかなか難しくて、勇気もないし。

しゅんとしながら電車に揺られる。

気持ちを薄める。

気持ちを忘れる。

あーあ。


でも会いたくなる人がいるって,

しあわせなんだと思いまふ。


この空の龍みたいに飛んで行けたらいいのにな

2011年8月20日 (土)

広島なう

なう続きな広島ですが、ちょっと涼しいです。

1313848383245.jpg

嘘みたいな空です。
きっと嘘なんだと思う。

そしてもういっこ。

1313848400661.jpg

嘘みたいだよね。
これはフランス、モンサンミッシェルの写真。


1313848413426.jpg

そしてこっちはおもいっきり現実。
広島焼き。
ネギたっぷり野菜たっぷりで、思ったよりもヘルシー!!?

広島で泊まってるホテルが古くて何処か怖くてビクビクしています。

羽田なう

1313812071828.jpg

なう、ってNOWから来てるの??
Twitterしないからあまりわからないけど、可愛いよね。
この前参加した映研で、「職質なう」って台詞があって面白かった。
じゃぁ恋愛なう、とか片思いなう、とかもありってことかな??

これから広島に発ちます。
なので、羽田なう。
羽田空港は実に修学旅行以来じゃないかしら。
綺麗だし色々あるし楽しいね。

各国の料理を堪能したかったんだけど、1人じゃな〜ってことで結局ホットドッグ。
しかもおそらく顎関節症で、あごが痛い痛い。
大きなお口ができません。


1313812085762.jpg

空港にこんな素敵な看板があって、和の布で出来たグッズのお店でした。そこで、ついつい手織りの麻のペンケースを買ってしまいました。

鈴柄なの。
ドラえもんの鈴みたいな。
久しぶりのペンケース。
いつもペンだけを持ち運ぶから、ばらばらで、これでようやくみんな落ち着きました。

初広島。ドキドキ。
広島焼き食べたいな。

雨上がりと浦島伝説

雷ゴロゴロな雨も弱まり,今夜は涼しいです。
ぐっすり寝られそう。
と,思いきや,耳の痛みが気になって眠れません。
あたしは時々外耳炎なのかなんなのかわからないけど,
耳がとっても痛くなります。
いつものことだから放っておくけど。

1313772603204.jpg

午後ぶらり自転車の途中に,
誰もいない雨上がりの公園に色とりどりの提灯があって,
とっても不思議な感じで素敵でした。
盆踊り会場なんだけど,ただ提灯だけが並んでいて,
ひとっこひとりいない静寂の中,
おとなしくたたずんでいる。
でもきちんと夜盛り上がる事を知っていて,
だからこそ艶かしくそこにある。
そんなかんじでした。

1313772606766.jpg

地域に関したルポを書かなくてはいけなくて,調べたら浦島伝説があるお寺が!
と言っても,ノムラ家のお墓のあるお寺さんのお隣のお寺だから,
小さい頃からなんとはなしに知ってはいたんだけど。

でも改めて調べようと思い,
雨の中,自転車で飛び出したわけです。

1313772608261.jpg

するとすると道のポールにはこんな可愛い亀さんが。
亀好きのあたしにはたまらず,パチリ。
行き行く人は,何故こんなの撮ってるの目線。
いいんです。あたしがいいんだから。

お寺では資料を頂いて,これから浦島伝説調べようと思います。

2011年8月19日 (金)

雨,くもり。

渋谷パルコをぶらりと歩いたら,カラフルな熊が大量発生していました。
可愛いね。

1313720958405.jpg

今日はあいにくの曇り模様で心がうきうきです。
雨は好きです。
だって空から水が降るって,もしそういう現象がない世界だったら考えられないことで,
そしたら素敵で,ロマンチックだったと思います。
雨模様の日におうちにいるとしっくり来て。
いくらでも本が読めそうな気分になります。

でもやらなきゃいけないことがあるから本は読めまてん。

2011年8月16日 (火)

火の鳥とSF嫌い

暑い。溶けそうな今日この頃です。
36度ってお風呂だよ。

あたしは何故か右足ふくらはぎが肉離れちっくになってまして,歩行困難です。
今なら危機から逃げる事もできないでしょう。
そういう時に限って一人暮らしを強いられ,
おうちにこもって,悶々と過ごす一日です。

週末には母の実家の山梨に戻り,盆地の暑さに酔いしれました。
日曜日には,よるひる映画研究会に参加し,ちょこっと映像を撮りました。
月曜日は,倉地久美夫ライブに出向きました。
そして酒禁止の中,暫くぶりのハイボール(ジンジャー)を嗜めました。
美味しかった!

ここ2週間の中で4種類のお医者さんに行きました。
皮膚科,耳鼻咽喉科,内科,整形外科。
短時間の間にこんなに行ったのははじめてで,保険証大活躍。

火の鳥をきちんと読みました。
あたしはやっぱり未来編が好き。
タマヨの存在が哀しくて。
あたしも誰かの為に変幻自在の身体だったら,大いにフル活用するのにな。
でも博士ももう1人の男も,主人公の彼女?であるタマヨをとっちゃ駄目でしょう。
人のものをとってはいけまてん。

未来編ではそれぞれの都市が,マザーコンピューターなるものに支配されていて。
これはよくSF漫画で見ます。
竹宮恵子先生の作品にもあるよね。
でもその絶対的なものが,都市ごとにあったら,そりゃ戦争になります。
マザーっていうくらいだから,女だし,なんか相容れなさそう。
でももし姉妹とかだったら,姉妹都市になるし,なんか美しいのにね。

全部が全部,判断してくれる頭脳があったら・・・
そしてそれが全て正解だったら・・・
あたしはここにいたのかな。
難しい問題です。

でも電子頭脳が人の微妙な感情の移り変わりを全て把握できるとはかぎらないけど。
ものすごい親しかったのに憎悪が生まれたり,
逆にものすごい犬猿の中に同情や尊敬が生まれたり。
そういう些細なことから関係性とか物事とか変わってくるから,
面白いのであって,
それをいかに優秀な電子頭脳であっても読み解くことはできないでしょーに。

次元も難しい。ウィキったけどあたしの頭には理解出来ませんでした。
1,2,3次元と持て余して生きている自分ですが,
時間の中を移動して生きているのなら,
それは4次元であって。
でも違う空間というのなら,まさにドラえもんの4次元ポケットであって。
あたしたちは一体何次元なの??

なんて。

あたしは本来SFは好きじゃないです。
あまり魅力を感じなく。
父親のSF好きは受け継ぎませんでした。
だから世界の人間が住むところが全部地下になって,
みんな地下鉄みたいので移動していて,
自分の住所を地域名でなく英数字で言うようになったら,
あたしは心底嫌です。
ああいうザ☆SFなのは嫌なんです。
東大島らへんはそれらを沸々と想像させるものがあって。
マンションばかりの無味乾燥地帯。
いやです。。。

足が不自由になるとぐっと精神も弱くなる。
はやく走って飛び跳ねる足に戻りたいです。

2011年8月 9日 (火)

あの夏へ。

放置憂いをしてはや一週間すぎました。
はやい。

岡山から帰り、3ヶ月ぶりのよもぎ蒸しへ行きました。
蒸されてると本当に自分の中の色々が汗とともに出されていくかんじがして気持ちいい。
けど夏はきついです。あと空腹時も。

1312854013698.jpg

幼なじみのハープニストの飼ってる子猫を愛でたり。
この体勢で寝ているのはとっても可愛いです。
でもあたしは猫アレルギーなことが判明!!
将来飼いたかったので残念です。


1312854011903.jpg

土曜日はBBQに行きました。
多摩川ほとりにてワークショップ仲間とです。
さんさんと日差しの中,絶対に焼けないをモットーにカーディガンを羽織り。
みんなが全てやってくれたので本当に食べて飲んで遊んでました。
みんな有難う!!

知人の子供が可愛くて,家庭っていいなあとしみじみ思いました。
河原で石投げをして,2,3こはねるのを競いましたが,不器用なあたしは一度もできませんでした。
残念。

最後に!
日曜日。
原宿にて,しゃしくえ企画「あの夏へ」を見に行ってきました。


1312855379530.jpg

友人,飯田華子と,服部淳のバンド,ヨヨヨヨルノが出てました。
新作のロボット少女の話は,猪突猛進な恋心がまるで他人の気がしなく。。。
あたしもこんな風に突っ走ってるんだなと恥ずかしくなりました。
でも最後は不意に泣かされて。やられました。
油断しまくってたからか,自分の過去の恋愛をそっくり当てはめてしまいました。
だって西荻窪のマンションとか。中央線とかってさ。
終わった後も切なさいっぱいで喋れませんでした。

あと河内伴理さんという歌い手も出てて,彼にもやられました。
情念ストイックなかんじで胸に突き刺さり,危うく惚れそうでした。笑
伴理さんは3年前に飯田華子のイベントで見ているんだけど,何故その時の記憶がないのだろう,
と思いきや失恋まっただ中に見に行ったのでうわの空だったんだと思います。

ヨヨヨヨルノのギターの,田中こうたろう君率いるしゃしくえは初見だったのですが,
音楽が景色みたいで不思議な感覚になりました。
風景みたいな中に歌があって,違う何処かにいるような,
また聞きたいです。

「あの夏へ」はとても素敵なイベント名です。

あの夏へ。
夏というと20代になってからは良い思い出がなく,いつも暑い世の中にぽーんと1人浮いている感じがしてました。
一番戻りたい夏も思いつきません。
しいていえば夢のはじまりの20歳の時の夏はまだ楽しかったかな。

今年の夏は一体どうなんだろう。
いつか,あの夏へって思える夏を過ごせたら幸せです。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »