« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

Was gehts mich an?僕に何か関係ある?

1312018298422.jpg

岡山に新幹線で移動中です。
ガラガラの新幹線はぽっかりと何かが欠如しているようで、寝ても眠れず、何故かやりきれない気持ちでいっぱいになります。

Was gehts mich an?
僕に何か関係ある?

これは一昨日覗いたパウル・クレー展であった絵の名前。クレーはスイス人で、ドイツにもいくつかアトリエがあったし、ドイツ語の原題が書いてあり嬉しくなりました。

これが異様にしっくり来て。

僕に何か関係ある?

加藤伸吉の『バカとゴッホ』という漫画で、主人公がちょっかいを出されてる女の子を助けようとして、「俺に関係ないことはねぇ」と言っていて、めちゃめちゃかっこよかった。

あたしはそんなこと言えない。

思ってても、きっと言えない。

違うな、
本当は言いたいんです。
世の中のすべてのことが、あたしに関係していると。いや、すべてのことっていうのは言いすぎかな。
でもすべてのことに関係することも関係させてもらうことも不可能で、拒絶だってあるし、全ての人、事象と関係を持つことは到底無理なんです。

だから、きっと、あたしはクレーの絵みたいに、
僕に何か関係ある?
って冷たく言い放ってしまう。

きっと近い物事についても。

だから、俺に関係ないことはねぇと言い放つ奴はかっこいい。

憧れます。


1312018802796.jpg


これは、蛾の踊りとか言うクレーの絵。
1番好きでした。

だって青なんだもん。
単純です。

でもお部屋に飾ったら素敵だろうな。

2011年7月26日 (火)

5時間前!!

1311608371045.jpg

2011年7月23日 (土)

「ヒメユリ」君に名前つけたよ「織音」もいいかもしんないしね

髪が気持ち悪い程のびてきて,支配されていくかんじがします。
もやっとしたかんじが否めない,今日この頃。
近い未来この寄生虫みたいな黒髪を切りに行きます。

タイトルの言葉は最近聞きまくっているやまのいゆずる氏のageHa boysの曲の歌詞です。
織音はオリオンと読みます。
ここがすごく好きで,きゅんとします。

名前って良いです。
名前を呼んでもらえることってとても素敵だし,好きです。

椎名林檎も,あたしの名前をちゃんと呼んで,って言ってるし,
YUKIちゃんも,名前を呼んで,って言ってるし。
みんな呼んで欲しいよね。

あたしはちゃん付けされるのが一時期とても嫌いで。
そんなキャラじゃないし,他人行儀だしって突っぱねてました。
でも最近は,ちゃん付けされることがとても多く,ちょっと好きになってきました。

あと兄夫婦や,一部の人から,ちえこしょうと呼ばれています。
これも不思議なかんじでとても好き。
まあ元ネタはきちんとあるんですが。

名前。
不思議です。

あたしは元カレのことを,おにいちゃんと言う意味の言葉で呼んでいて,
それって,きっとこれから,あたしが誰かをそう呼ぶ事はないし,
きっと彼もあたし以外の誰かに呼ばれる事はないし,
それってとっても不思議で,嬉しい反面淋しい気がします。

でもだからこそ,その言葉を不意に何処かで聞いた時,
その恋愛を思い出すんじゃないかな,なんて。
思っちゃったりするんです。

思いっきり恋愛をひきずってる感満載ですが,笑
そこは大人だから触れないで下さい。

あととても仲のいい友人とは漫画のキャラクターの名前で呼び合っています。
オタクですね。
いいんです,本人たちがよければ。

なんでこんな名前の話になったんだろう。。。


昨日は渋谷区立松濤美術館でチェコアニメの巨匠,カレル・ゼマン展を見てきて,
ほんのり癒されました。

海底二万里に惹かれる男性って多いんだね。

2011年7月20日 (水)

眠らぬ,鳳凰と獅子へ

いやーがっつり寒いですね。
カーディガン着ないとやばす。
ってことで,寝やすい夜にどうしてこう夜更かししてしまうんだろう。
それは切なさからです。
嘘です。

先日円盤夏まつりで購入したageHa boysのCDが素敵すぎて聞きまくってます。

さて,眠れぬ夜。眠らぬ鳳凰。ってことで,(無理矢理)
母親の誕生日に,サントリー美術館の「鳳凰と獅子」を覗きに行ってきました。

ミッドタウンは4年前にデートに一度行ったきりでした。
あの頃が懐かしい。
サントリー美術館は初かもしれない。

節電関係なくセレブなかんじで冷房がんがん。
寒かったです。

でも鳳凰と獅子はとても素敵で。
どっちかもらえるなら,あたしは断然獅子です。
猫みたいで可愛いんだもん。

ライオンって日本にはいないんだね,元々。
あたし知らなかったよ。。

艶やかで,不滅のシンボル,鳳凰と獅子。
不滅って素敵だけど,切ないです。

1311132836432.jpg

これは地元の駅の様子。
青空がすごく広くて。
やっぱり水色が一番好き。

運命の赤い糸

なんてあるはずありません。
もしあったとしたら素敵だけど,でもそれって可能性も未来もぐんと狭まれている気がして。
なんて負け惜しみです。
でもソウルメイトの方が素敵。

1311092926557.jpg

先日行った大阪で,赤い糸を発見しました。
どうですか,このパイプな感じ。
是非恋人と訪れた際には,トライしてキャーキャー言うと楽しいでしょう。

1311092928475.jpg

そしてその向かいにある串カツや。
通天閣ふもとは串カツが有名なんだね。

ドテ焼きやらなにやらとても美味しくて。
満喫いたしました。

2011年7月19日 (火)

夢見るラブホ街

1311006775600.jpg

大好きなラブホ街の,ど真ん中にある渋谷O-nest。
階段から見える看板は一気に切なさをもり立ててくれます。

1311006777550.jpg

そんなんで16日土曜日,飯田華子(飯田華子+今村知晃+千絵ノムラ)として,
円盤夏まつりに出演させてもらって,大いに幸せでした。
有難うございます!

今回思ったのは,やっぱり音楽はすげーや。
泊さんしかり,ニュートレドさんしかり,他の大勢のアーティストさんしかり。

音楽の力は偉大すぎて,なみなみならぬそのパワーに太刀打ちできません。

そして何かに長けている人は素敵。
本当に心底惚れてしまいそうになります。
いくつ心があっても足りないです。
奪われて,奪われて。

円盤の夏まつりはもう終わってしまったけど,
でも,また,あの素敵すぎる音の世界たちに浸りたいです。


2011年7月18日 (月)

円盤夏まつり,終了!

2日間続いて行われた円盤夏まつり,大団円で終了しましたー!
16日飯田華子+泊+ニュートレド,見に来られた方,感謝感謝です!!
あたしも客としても両日見たのですが,大満足でした。
詳しくは明日!書きます。たぶん,,,

皆様お疲れさまでした☆

2011年7月11日 (月)

ビリケンと現実逃避

色々と半ば強制的にしなくてはいけないことが続いて,現実逃避している真っ最中です。
でも大人になってからの強制的にしなくてはいけないことって,結局自分が選んだ道の中にあることが多いから,自分の意志の中なんです。そしたら嫌だとか言ってないでやるのが筋なんでしょう。
わかってる,わかってるよ。
でも出来ないんだよ。
面倒なことや,厳しいことから,一生懸命逃げるんです。
逃げて逃げて逃げ切れなくなって,それか途中で息苦しくなって,戻るんです。
それでいいんだと思います。

だから,あたしはこれを書いたら戻ります。

1310310911709.jpg

昨日は母親の誕生日でした。
写真はブレまくったけど,ごはん食べたとこのデザート。
ローソクともいっこデザートサービス。儲かったね!

1310310914202.jpg

ビリケン様。
友人に似てる。
足こすって願い事すればよかった。
でもいっぱいいすぎて,その中の1人にしても仕方ないと思ってしなかったよ。

ウーピーのことも書きたいし,新世界も書きたい。
でもまずは,やらねばならないことを日の出までにやらなきゃいけまてん。

2011年7月 9日 (土)

ウーピー

1310141161714.jpg

♩トゥ,トゥ,トゥ,トゥトゥトぅ
♩トゥ,トゥ,トゥ,トゥトゥトぅ
♩トゥ,トゥ,トゥ,トゥ,トゥ,トぅ,トゥ(低),トゥ(高),トゥ(低)

と3分クッキングな曲が流れてきそうな電車です。
でも曲を文字で表すのは,とても難しいです。

1泊2日で大阪に行ってきました!
理由は,福島と同じお仕事の関係です。

上の電車も大阪のもの。
18時くらいに着いて観光したんですけど,いやー濃かった!
この話は是非詳しくします。
あんな世界知らなかったです。


この前の記事に,シンクロ,というものがあったんですけど,
あまりに拙い文章で削除しました。
また改めて納得できる文章にして乗せたいです。

2011年7月 2日 (土)

花の画家ルドゥーテ

庭園美術館からその足で,渋谷の文化村へ。
目黒から渋谷に出るとその人の多さにげんなりです。

美術館に行くと必ずある花の絵。
それの集大成かと思いきや,1人の画家の展示会だったんだね。

入ればそこから花,花,花。
その緻密な絵と見事な写実は,写真に必要性さえも考えさせられます。
本当に花が好きで仕方なかったんだろうな。

あたしはやっぱり,椿,牡丹,シャクヤクなどの日本の花がとても好きで。
あとパンジー,すみれ,どくだみなどの小さな花も惹かれます。
ダリヤ,アネモネ,ガーベラが似合う女性になりたいし,チューリップなどの可憐な花も憧れます。
まだ結婚式で持ちたいブーケの花は決まってません。

前に写真をのせた紫陽花も好きだけど,色が変わりやすいため,結婚式などには向いてないそう。
残念です。

今回のルドゥーテ展で面白かったのは匂いがあったこと。
いくつかの場所に,バラなどの匂いが流れるようになっていて,それがとても素敵でした。

あとね,名前を忘れてしまったけど,動物の皮に絵を描いているのが面白かった。
色が染み込みにくいから発色が良く好まれていたそう。ただ逆に扱いが難しく,技術も求められたとか。描いてみたいですね。あたしには無理ですが。

森に囲まれ,花を愛でた,素敵な一日でした。

1309613786870.jpg

森と芸術

1309613095228.jpg

初めて目黒にある東京庭園美術館に行ってきました。
緑多き公園にあるその美術館はとても素敵で,誰かのお屋敷だったんだね。
中にある書斎や本棚,はたまた家具などの装飾もどれもヨダレの出る程でした。
あんなところに住めたら幸せだろうな。

1309613092837.jpg

今回はチラシで気になっていた「森と芸術」展。
う〜ん素敵ですね。
森に関する絵画や彫刻が集められています。

まずエミール・ガレの花瓶などが,いと素敵で,誰かくれないかなと思いました。
そしてシェイクスピアの真夏の夜の夢の挿絵や,なんといってもメルヘンの挿絵ですね。

あたしはメルヘンでは,ラプンツェルと人魚姫が大好きなんですが,そのふたつの挿絵もありまして,そして一つ伊藤潤二氏のような絵もありました。
長い髪の毛が水に浮かんでいる様子は,何よりも勝る美だと思います。

そしてニンフ。
あたしはこのニンフと呼ばれる精がとても気になって仕方ないのだけど,ニンフが描かれている作品も多かったです。

そしてゴーギャンって西洋の人なんだね。
あたしはてっきり南国の絵ばっかり書くものだから,そちらの方だと思っていました。

気になるマックス・エルンストの絵もありドキドキでした。

1309613096780.jpg

庭園美術館はお庭も広く,椅子が置いてあったり,時間があればじっくり腰を落ち着かせたいかんじでした。あんなに緑に囲まれた空間があるなんて。幸せ者ですね。

1309613099423.jpg

モヒート!

1309611831147.jpg

この前、渋谷東急本店の奥にあるオープンテラスなバーに行って来ました。

そこで出た素敵な飲み物、モヒートビール。
すごく美味しくて、モヒート好きでビール苦手なあたしでしたが、ごくごく飲んじゃいました。

モヒートは、見た目が素敵。
ミントがたくさん入ってて、まるでナウシカの漫画版の最後らへんの、オアシスみたいなとこで入った薬湯のよう。葉っぱがたくさん入ったあんなお風呂につかってみたい。オーマの毒にやられたナウシカもその薬湯に入ると全快しちゃうのです。

緑って素敵。

ということですが今日帰り道にライトアップされた木をみて,なんて嘘っぽいんだろうと思いました。
もしかしたら全て造花なのかもしれない,人工の葉っぱがくっついている木が,いや木自体も全部偽物で,自然が減って来ている世の中,せめて嘘の木々で塗りたくろうといたるところに,嘘の,木,木,木。そんなの気持ち悪いです。
勿論それは本物の木だったのですが,まず木をライトアップするというのもおかしな話です。まあちなみにあたしの見たのはただ電灯に当てられていただけですが。

そんな。葉っぱから木へ。
そして次は森へ。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »