« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

「円盤の夏祭り」

来る7月16日土曜日,渋谷円山町にあるクラブで行われる「円盤の夏祭り」に出演することになりました!!

円盤は高円寺にある,なんていえばいいの?,ショップです。
CDとか本とか色んなものが置いてあって,毎夜イベントが繰り広げられる。
あたしも何度か友人,飯田華子氏のグループで出演したことがあり,この前の映画も円盤絡みです。

今回は,飯田華子+泊+ニュートレドの枠で,あたしは役者で芝居みたいなことをします。

飯田華子氏と絡むのは、7ヶ月ぶり。
ドキドキです。

時間は19時30分から,30分。

他のアーティストの方もとても楽しみで!
去年はお客として行ったのだけど,とてもみなさん素敵でした。

ちなみに翌日17日も円盤の夏祭りは行われていて,こちらも素敵なみなさま,やまのいゆずる氏や,水中,それは苦しいなどが出演します。

2011年7月16日(土)
「円盤の夏祭り」
@渋谷・O-Nest http://shibuya-o.com/nest/2011/05
前売¥2000/当日¥2500
16:00~
出演:
●7月16日(土)
ECD+POPO/石川浩司+今井次郎/HOSE/aniss and lacanca(mmm+見汐麻衣)/ぴかまこ(PIKACHU+河端一)/LSD March/HARPY+ゲスト/岸野雄一/CORE OF BELLS+杉本拓/VIDEOTAPEMUSIC+ゲスト/飯田華子+泊+ニュートレド/AMEPHONE新バンド/カピバラス/サイトウエレトリコ/麓健一/MARK/穂高亜希子 with 吉田悠樹、服部将典/平間貴大/ELEVEN(田口史人、Mark Sadgrove、ju sei、大城真、坂本拓也、OPQスザキ、Nerve Net Noise、aqui avec Gabriel、河野円、つむぎね、桜井真樹子)/プリミ恥部(宇宙マッサージ)/大橋裕之(似顔絵)/ジョン(犬)(タロット占い)/なぎ食堂(食事)

●7月17日(日)
アシッド・マザーズ・テニスコーツ/湯浅湾/真夜中ミュージック(三沢洋紀、植野隆司、稲田誠、山本達久、中尾勘二)/にせんねんもんだい/水中、それは苦しい/大と小(大橋裕之+小田島等)/松倉如子+アナホールクラブバンド/INN JAPAN+カシミールナポレオン/Americo/川染喜弘/畔+イトケン featuring 柳家小春/柳家小春+New Residential Quarters/conti/スッパバンド/toreo(タナカ、村岡充、村岡ゆか、円盤田口、ボルゾイ、村上ゴンゾ、パグタス)/シラオカ/たけヒーロー&アルカイック・スマイル・トーキョー/九品仏/ageHa boys(∴NEU譲×東京マリー)/ドタマカチワルド(exバイナリキッド)/プリミ恥部(宇宙マッサージ)/大橋裕之(似顔絵)/ジョン(犬)(タロット占い)/なぎ食堂(食事)

是非是非,遊びに来て下さい☆
http://shucchou-enban.blogspot.com/

会津若松にて

郡山から1時間半。会津若松です。


1309360300325.jpg

やっぱり、城!!会津若松城だと思いきや,鶴ヶ城というそうな。
よく歴史はわからないけど、白虎隊とかがゆかりの地だそうです。
左下は、猫道くん。


1309360319404.jpg


会津若松はとにかく蔵がたくさんあって、最初は蔵の度に騒いでたけど最後は素通り。
そしてあえて写真はラブホテル。
お城の目の前のこのホテルはかなりアウェイでした。
色使いが面白いよね。
ただ入り口にあたしの大嫌いな生物のでかい置物があって,ナンセンス!!
こんなラブホは絶対入れない。


1309360344399.jpg

あとこんな京劇的な招き猫。
芸術すぎて、実用性はあるのかな?


1309360361681.jpg

会津若松の紹介なにもできてませんが、小川未明を思い浮かべるようなロウソク屋さん。
残念ながらしまってたけど、看板だけでも!


1309360366593.jpg

夜は喜多方ラーメンをいただきました!
もう少し駅の周りにご飯やさんがあったら嬉しかったな。
でもとても魅力ある街で,次は是非恋人とプライベートで来たいなと思いました。

円盤な餃子

ベニスって、危うくエロいかんじですね。

さて、福島市の名物は円盤餃子だそうです。
こんなかんじ。


1309359649208.jpg

でも見た目ほどごつくはなく、一緒に行った猫道さんと2人でぺろりと。プラス水餃子10個。
美味しかった!!
ただ生ニンニクをおろしてしょうゆに入れたので、2人とも夜通しブレスケアをしました。

ちなみに山女というお店で、大繁盛でした。
ご馳走さま!!


あとあたしの大好きなこけしさま。

1309359684158.jpg

旧堀切亭というのが、飯坂温泉地帯にあり覗いて来ました。


あとおまけで、ビジネスホテルの部屋。
ビジネスホテルは劇団の水戸公演以来で、とてもドキドキ楽しかったです。特に普通のホテルだけど。
なかなか泊まらないよね。


1309359703517.jpg


牛乳は餃子の匂いを胃から消してくれるというので、購入。
牛乳、大好きなんです。

2011年6月29日 (水)

福島のベニス

1309359019293.jpg

日本のベニス、飯坂温泉です。
福島駅から電車でのんびり30分、ちょっと昔な温泉街。
さびれムードはなんのその、とても楽しい街でした。足湯がところどころにあるし、なんと言ってもみんな優しい!
東京の人間関係に疲れたら、行くといいですよ。あたしも自分の性格の悪さを反省しました。

鯖湖湯と言う素晴らしすぎるネーミングの温泉。
なんと200円という激安な入浴代!
都内の銭湯の半額以下ですね。
ただ温度は47度と、とてもストイックなかんじで。
長湯は厳しいかなと。

1309359024748.jpg

ちなみにあたしの一番好きな魚は、鯖です。
お寿司は、シメサバと穴子があればいい。
魚へんに青と言う字も素敵すぎます。

思考停止社会

社会が思考停止している。

今回ひょんなことで、そんな本を読まなくてはいけなくて。平たく言えば、世の中メディアの情報を鵜呑みにしすぎて、思考停止している。そして法令を遵守しすぎていると。

確かにそうかもしれないけど、その本を鵜呑みにするのもある意味思考停止。

セーラームーンの歌で、思考回路はショート寸前とありますが、本当に恋愛中は思考回路がめちゃめちゃ活動してくれます。その名の通りショート寸前なわけです。

思考停止。
停止する時は多々あります。
それは自己防衛をする時。激しい速さで停止して、自らの精神を保ちます。

以前、見えないものが見たいし、知りたいことが知りたいと書いたけど、世の中知らなくていいこともあります。必死に知らなくてよかったと嘆くことがあります。

それは逃げかもしれないし、正当な術かもしれません。

まぁ正しいものなんて何一つないこの世の中で、事実から逃げまくっても、きっと誰も責めません。

あたしは思考停止を時には有効に使いながら、知りたくない事実から全速力で逃げて生きていこうと思った、6月終わりでした。

2011年6月24日 (金)

長谷川潔とマックス・エルンスト

1308917150807.jpg

福島紹介の前に、去る月曜日、横浜美術館に行って来ました。

みなとみらいにあって、うちから電車ですぐなんだけど、あんまり行ったことがなくて。
震災で中止になっちゃった、プーシキン展行きたかったな。

長谷川潔氏は無知なあたしは知らなかったのだけど、ポスターの花の絵が魅力的で気になって覗いて来ました。

版画家で、横浜に生まれ、27歳から亡くなる89歳までフランスで暮らしていたそうな。でも大分お金持ちだったんだね。

花の絵と、女性の絵、そして魚と鳥がモチーフになっているものにとても惹かれました。

特にはっとするような表現が多く、目から鱗なかんじでした。

全てが全て好きなわけじゃなかったけど、珍しく美術館にある目録?画集?が欲しくなりました。

上のクリスマスのカードもいと素敵。
こんなドレス着てみたい。


1308917160759.jpg


そしてそして、横浜美術館の常設展なのかな?
それらもすごく素敵で、シュルレアリスムコーナーがやっぱり抜群でした。

マックス・エルンスト。
あたしは彼に恋しました。

でも国立新美術館で出会ってたんだね。
忘れてた。

なんて、そんなかんじで、長谷川潔氏とマックス・エルンスト氏に心を奪われた一日でした。


1308917163638.jpg

ただいま。

1308915740837.jpg

本日、福島より帰って来ました!

と言っても、水曜日に一旦戻って来てたんだけど。
でもとっても激しいスケジュールで、だいぶヘトヘトです。
始発で二回福島に向かいました。
でもけっこう、朝電車人がいるんだなと。
みんなすごいです。

たくさん紹介したいこと満載だけども、
まずはあかべえ!

かわゆしですねえ。

福島県会津地方の郷土玩具、赤べこをもとにしたキャラクターだそうです。

いたるところにいて、赤かったなぁ。

2011年6月20日 (月)

桜桃忌と寄生虫

1308527768053.jpg

昨日の我が家の前から見えた夕焼けです。綺麗。

昨日は桜桃忌でした。
今年も行けずに残念。毎年行きたいと思いつつも行けない。
とっても残念です。
来年こそは・・・!

そして父の日でした。
うちは父親の好物のトップスのチョコケーキを買って帰りました。
偉い!!笑

雨が続いていた最近。
夜おうちに帰ったら塀にヒルがはりついていました。
本当にヒルなのかと眺めていたら,その線が確実に動いていました。
ヒル確定。久しぶりだなと思いましたが,雨だし夜中だし詳しい観察には至らず。
ちょっと残念でした。

でもさすがに苦手なものが(一個しか)ないあたしですが,ヒルはきもいです。
そして毒があるんでしょ?
ミミズぐらいなら可愛いけど。

小学生の頃に,雨の日にスニーカーにヒルが多数くっついていたのが,けっこうぐろくて嫌でした。
でも焼きそばって似ている気がします。なんてこういうこと言うから,嫌がられるんだろうな。

そしてふと思ったのが,恋って寄生虫に似ているな,と。
まあヒルは寄生虫ではないのですが。
自分の中に寄生して,明らかに他のものと違う存在で,そしてあたしの栄養を吸い尽くす。
恋心は寄生しているのでは。
でもちょっぴり違うのは,恋心は栄養や妄想や夢をあたしに与えてくれるところです。
そして失望もね。
そう思うと一概に寄生虫のわけではないのですが。
あたしから派生したものだし。
なんて思ったわけです。

片思いなんて女々しすぎる記事から,ずっと変わりがないのが申し訳なく。

明日からあたしは福島へと旅立ちます!
すぐ帰ってくるけども。

近いうちに念願の中目黒の寄生虫博物館に行きたいです。

2011年6月15日 (水)

片思い。

好きなんて
言えやしないよ
後ろ姿に
気持ちをつぶやく

本当にその通りです。
好きなんて言えやしないんです。

好きならば好きだと言おう
誤魔化さず 素直になろう
好きならば好きだと言おう
胸の内さらけ出そうよ

そうも思うけれども、言えないんです。

気持ちって難しい。

1308148931421.jpg

なんて。
乙女心満載みたいなかんじだけども。

横浜の夕焼けがとても綺麗で。
でもそれだけで満足、にはなりません。

円盤国際映画祭スペシャル! 

Img_0966

本日,横浜黄金町にあるジャック&ベティという映画館で行われた円盤国際映画祭横浜verに行って参りました。

初のジャック&ベティだったのですが,やはり黄金町、風俗が至る所にありました。
黄金劇場という気になるストリップ劇場も。

グランプリ含む入選した6作品が上映されるわけですが,出演させてもらった飯田華子氏の『赤いユートピア』が一番最初で,映画館で見るのはどきどきしましたが,とても楽しかったです。
やまのいゆずる氏の作品とグランプリを争ったそうな。

まだ寒い4月後半に徹夜で、荒川土手で撮った事をまざまざと思い出しました。
あの日は持病の偏頭痛が激しく,バファリンをこっそり飲みまくっていました。
でも薬の威力はすごく効果覿面で、ばっちり撮影に臨めました。

6作品中4個は見た事があったのですが,2個はまだで。
あたしはVIDEOTAPEMUSICさんのが個人的に好きでした。

円盤店主の田口さんとテニスコーツの植野さんのトークで,人によって本当に感じ方がばらばらなんだなというのが,とても印象的でした。
年代とかそういうこともあるけれど,でも人によって評価が違うからこそ世の中なりたっているわけで,もし世の中の人の感覚が全て同じだったらどうなっているんだろうと,つい先日考えたことと重なりました。
そうするとこんなにも種類やバラエティにとんだ商品なんてなくていいわけだし,必要最低限のものでいいかもしれない。感覚が同じなら選ぶもの,好むものもみんなおなじで,そうしたら男女それぞれ髪型や洋服だって同じで。でもそれってビジネスは成り立つの?
みんながみんな一緒だったら,もう何もいらないじゃない。
少ない種類の大量生産なだけで。
でもやっぱりそれってつまらないよね。

あたしが黒のインナーとピンクのワンピースを着て,黄緑のペディキュアをして,そうしたら女子みんなそれで。ある意味面白いけど。

なんて。

黄金町の夜は意外と静かで,あたしはひとりなかなか来ない京急を待ち,ホームで水を飲んでいました。


2011年6月14日 (火)

星とデュシャン

先日やっと修理に出していたブレスが帰ってきて、軽く一安心。良かった。

さて。大好きな森美術館のある,六本木ヒルズにスカイプラネタリウムとフレンチ・ウィンドウ展を覗きに行ってきました。

宇宙嫌いのあたしですが,プラネタリウムは思ったよりも星にかこまれなくて、少し残念。
でもあるお部屋は見渡す限りの星空で,こんな部屋がおうちにあったらいいなと思いました。

マルセル・デュシャンを知らなかった無知なあたしでしたが,フレンチ・ウィンドゥ展はそれはそれは素敵でした。レディ・メイドというジャンルの作品は,とても面白かったし,透明な窓はとても欲しかった。現代アートは情熱的ではないかもしれないけど,はっとさせられる衝撃は楽しいです。

そしてあたしはやっぱり丸が好きなんだなと再確認しました。丸顔だから?
でも四角とか三角とかは直線をひいたり,面をあわせれば作れるけど,丸ってなかなかつくれない。粘土だって正確な丸を作るなんて到底無理で。そうすると丸はとっても崇高な形なのです。
丸顔と言われ続けて,コンプレックスだったけど,未来的な最先端な形ならそれはそれでいいかな。

ちなみにスカイデッキから見る東京の夕方の景色は霧に覆われて,幻想的で好きでした。
スカイツリーもかすかに亡霊のように確認できたし。

そしてあたしの好きな,蜘蛛のオブジェ。
蜘蛛じゃないかもしれないけど。
いつまでもそこにいてね。

1308062914641.jpg

2011年6月13日 (月)

タイガーな少女

1307968453890.jpg

こんな素敵なTシャツを着ていたの知人がいたので、思わず撮らせて頂きました。

可愛い。
タイの店頭で300円くらいだったそうな。
あたしも是非タイに行ったら欲しいです。
まだあるかな?

少女のまわりの小鳥は明らかにバンビに出てくる小鳥さんたちで。それがまた可愛い。

全てのバランスが美しい、そんなタイガーな少女でした。

2011年6月10日 (金)

地下鉄の風に吹かれて

地下鉄の風に吹かれて

びゅーびゅーと髪の毛が空を舞う

別に長く伸ばしているのは

ポリシーでもなんでもなくて

ただ面倒くさいだけ

朝起きて先っぽが自由気侭になっているのを

直すのが面倒なだけ

だから伸ばす

伸ばして伸ばして

地についたって構いやしない


地下鉄じゃなくて

あたしは今山手線によく髪がなびく

ガラスに映る自分を正面から見据えて


昔は長い髪がカーテンだと思っていて

色んなものから守ってくれてると思った

今は別にカーテンなんて思っていない

だって1人で生きられるもの


地下鉄の風に吹かれて


ブッダ。仏陀。

輪廻と涅槃は大好きです。
パラレルワールドも輪廻もあると思っています。
そしていつか涅槃に行きたい。

上野,東京国立博物館にて「ブッダ展」というそれはそれは魅力的な展覧会が行われてます。

偉大なる漫画の神様,手塚治虫氏の『ブッダ』と仏像のコラボと言うなんともはや画期的な。
これは行かなければ!とさっそく行って参りました。

ちなみにこの前に人気絶頂のレンブラント展も覗きました。
でも,レンブラントっていうより,人,です。
人,人,人。見る気になりません。
でももう終わるし仕方ないよねって思いながら,頑張りました。
光と影の魔術師。そこは確かにこれだけ名前が残るだけあるな,と。

光ってすごい。蝋燭を持っていて,その蝋燭の火だけだったら顔の下が明るい。
そんなかんじでレンブラントは事細かに,嘘偽りなく,光により存在を書き表しているのです。

とレンブラントの人混みの多さの後では,それはそれは,ブッダ展のちょうどよい人の数。
大事です。
そしてあまり広くないこと。
いっぱいありすぎると,集中力切れちゃうからね。
あたしは特に。
そこそこがいいのです。何事も。

さて。
手塚治虫大好きな父親ですが,色々抜けてまして,ブッダは野村家にはありません。
故に読んだ事がないんです。

でも「聖☆お兄さん」の中で立川にバカンス中のブッダが,手塚治先生のブッダを読んで感涙してたので相当なものなのでしょう。

今回,展覧会の後,本当に読みたくなりました。だから大人買いします。
やっぱすごいんだな〜手塚治虫先生は,と。しみじみ。MWも好きだけど。

そしてそんなに数はないですが仏像とのコラボが本当にわかりやすくって。
インテリではないあたしにもってこいでした。

幼稚園と中高がキリスト教のあたしには,ちょっと遠い仏教。(おうちは仏教だけど。)
やっぱり学ばなきゃと思いました。
涅槃に行きたいとか,輪廻思想だとか,口先だけで言っちゃ駄目です。
やっぱり業とか徳とかの方がしっくりくるから,仏教を学ぶべきなんでしょう。

やっぱり涅槃に行きたい。

涅槃で待ってる。

待ってるよ。


と,諸行無常を生きてます。


おまけに上野の空はとてもとても綺麗でした。

1

国立新!美術館

Img_04231


Img_31331

六本木にある,偉大なる建築家黒川紀章デザインの国立新美術館。

お誕生日にシュルレアリスム展を見たのもここでした。

今回訪れたのはアーティスト・ファイル2011―現代の作家たち。

現代の日本人作家と海外作家あわせて8 組の作品を展示していました。
絵画だったり,絵画だったり、彫刻、インスタレーション、映像、写真と表現メディア は様々。
それぞれに扱っているテーマもこれまた様々。
でも展示の趣旨からは、今日の社会や文化、政治的状況をふまえながら、自らの世界を真摯に追求しているアーティストのみが持つ、それぞれのアクチュアリティを感じることができるのではとのこと。

アートとか疎いあたしですが,やはりハッとするものはありました。

タラ・ドノヴァン Tara DONOVAN

ニューヨーク在住のこの人の作品で,大量のストローのみで作られている霞と言う作品。
言われるまでまったくわからないストロー。
壁一面の大きい作品ですが,近寄れば確かに穴,穴,無数の穴。
まるで見つめていたら,入り込んでしまいそうな。
そんな話,伊藤潤二氏の短編でありましたが。
凹凸とかが綺麗にやすってあるのか滑らかに表現されていて,あたしはまるで雲のようだと思いました。
触ってみたかったけどやはり駄目で。
でもいつまでもいたいその空間は本当に忘れたくないものです。

もうひとつ,この方の作品のアルミテープみたいなものでたくさんの丸が作られていて
大小様々に壁にちりばめられている様子は,まるで何かの菌みたいで,とても素敵でした。
おうちの壁にしたいです。
やはり丸も好きなんだなと思いました。

紫陽花

Photo_4

野村家に咲き誇っている初夏の花,紫陽花。
たくさん好きな花はありますが,紫陽花もそのひとつ。

まず,名前が素敵。

「あじさい」は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が訛ったものと言われる。
また紫陽花の漢字は,唐の詩人・白居易が別の花(ライラックか)に名付けたもので、平安時代の学者・源順がこの漢字をあてはめたことから誤って広まったといわれている。

注・全部情報はウィキから頂いております。

そして何が素敵かというとあたしも今知りましたが,学名が「水の容器」!!!だそう!
いと素敵です。
さすが梅雨のお花ですね。
あたしのテーマとも言える水を存分に使った表現で,やられました。

でもでもそんな素敵な紫陽花ですが,なんと毒があるとのこと!

紫陽花は毒性があり、ウシ、ヤギ、人などが摂食すると中毒を起こす。
症状は過呼吸、興奮、ふらつき歩行、痙攣、麻痺などを経て死亡する場合もある。
日本では、飲食店などが毒性を持つアジサイの性質を知らずに料理に使用してしまい、経口摂取した客が中毒する事故が発生しているのだそうです。

でもこの毒症状 めまい、痙攣、昏睡、呼吸麻痺は,ちょっと恋に似ているかんじがします。

そんな素敵なお花レポートでした。

2011年6月 9日 (木)

ハイメアジョンの世界

ハイメアジョン。
Jaime Hayon
ハイメ・アジョン氏です。

ウィキったものをさもあたしが知っていたかのように紹介しようと思いましたが,なんとウィキれなかった!ので,簡単な説明。
スペイン出身のデザイナーです。

リヤドロ(たたたたたん♩と始まる陶器?で作られたお雛様のCMで有名です)とが一番組んでデザインしているのかな?

渋谷西武で先週くらいに行われていた展覧会がありまして。
チケットの絵がとても可愛かったので,全く無知だったのですが行きました。

最初に思った事は,やばい,イケメン。ちょっと好みかも,と。
作品じゃないですね,外見です。でも素敵だったので一気に心が持って行かれました。

でもやっぱりリヤドロの作品を見たらあまりに素敵すぎて。
何十万出してもいいから,いつか買いたいなと思いました。
それか結婚祝いに誰か買ってくれないかなと。いつかの話ですが。

リヤドロをただのお雛様とか人形的なの作ってるとことろという感覚でしか認識してませんでしたが,かなりやられました。オシャレすぎる!ずるいです。
あんな壷とかおうちにあったらやばいでしょっていうかんじなんです。
是非みなさまググって見て下さい。

あとなんといってもおすすめは九谷焼きとのコラボです。
「上出長右衛門窯×ハイメアジョン produced by 丸若屋」とありますが,本当に素敵な器で欲しくなりました。やっぱりお金ってあればいいですね。こんなお皿で暮らしたい。
そんなかんじなのです。

絵も素敵だし,色合いがおそらくあたし好み。
青と白のコントラストが素敵です。

誰かあたしにハイメアジョン氏デザインのものをプレゼントしてください。笑
きっとこれが有名人だったら,そっこう事務所とかに送ってくるんでしょうね。
羨ましいです。

だからせめて自分に誕生日とかで買ってあげたいです。

ショートムービーのすすめ

動物園で癒される動物は,亀です。

ということで先日,漫画家さんたちの自主映画同好会の上映会に行って参りました。
『古泉智浩プレゼンツ よるひるショートショートムービー発表会』

場所は阿佐ヶ谷のよるのひるねというカフェというかバーというかとても素敵な喫茶店です。
西荻窪に住み,高円寺に通っていた昔,気になっては仕方ないお店のひとつでした。
でも一見さんは入りにくいんじゃと勝手に被害妄想を持ちつつ,通り過ごしてました。

入ってみたら,漫画,漫画,漫画の世界。素敵です。
吾妻ひでお氏や諸星大二郎氏は勿論、あたしの気になる方々の漫画が置いてあり,ここに監禁されるなら本望だ!と思いました。

映画は,1分くらいで長くて6分くらい??のもので,よるのひるねのマスターも入れた8人の漫画家,もしくは執筆家の方がそれぞれ②作品くらいだから,16本くらいかな。

観ていて,本当に撮りたくなりました。
iphoneでも撮っていた作品もあり,絶対やろうと思いつつまだやってません。
でもやります。編集してみたい。
まずは愛娘つぶらちゃん(ブライス人形)で怪獣映画をとってみようと思います。


1308280605565.jpg

素敵すぎるよるのひるね。

黒い十人の女

白い,赤い,と続けたらやっぱり黒いと続けたい。
ので,一週間経ってしまいましたがこの内容でいきます。

NYLON100℃『黒い十人の女』。

原作でもある,市川崑監督の映画も見たいと思いつつ見てません。
映画版はとにかくポスターが素敵でして,是非おうちに飾りたいです。
そして玉緒さんもでてるし。絶対近いうち見ます。

久しぶりに本当に心から観てよかったと思える舞台でした。
特に女性好きのあたしには,こうどっぷり素敵な女性がたくさん出てくると,じゅるるとたまらないのです。本当にみんな素敵だった。
やっぱり女性って好きです。

これが黒い十人の男だったらちょっと見に行かなかったかもしれません。
でもメンバーにもよるかな。気になる素敵な役者さんだったら見に行くと思う。

勝手に黒い十人の男をするとしたら,
やっぱりまずは篠井英介さん!それに池田成志氏,山本芳樹さん,,,
個性どころと色んなキャラを揃えまくって,1人の女性の恋人たちなんです。
その女性は是非おん自ら。笑 美味しすぎです。

ただの感想レポですが,とにかく面白くてとても活力を頂きました。
ご馳走さまです。

2011年6月 3日 (金)

赤いユートピア

一ヶ月程前になりますが,
飯田華子氏の円盤国際映画祭出品作品、「赤いユートピア」に出演しました。

15分程の短編なのですが。
一緒に出た服部淳氏のブログに書いてあるのを見てあたしも書こうと思って書いたのです。
真似です。パクります。

高円寺の多目的ショップ(?)円盤主催の映画まつり、円盤国際映画祭が終わっちゃったけどゴールデンウィークにありまして。円盤の呼びかけに応じて三十数組のそうそうたるアーティスト、その8割が映画製作初心者!が映画を作ったのです。
あたしも二度程上映会に足を運んだのですが,

見事!!「赤いユートピア」は入選を果たしました!!

グランプリは,やまのいゆずる氏。
うん,やまのいさんのめっちゃ面白かったもん。

でも入選6作品の中に,入れたから。幸せです。
本当,一晩寒い中頑張ったもん。
生足ぴゅーぴゅーさらし,胴体だけになったり。ね。

あたしも映像撮りたくなりました。

さて,めでたくDVD化されるとのことで!

あと地元横浜の黄金町にあるジャック&ペティという映画館で,
きたる6月14日火曜日グランプリと入選6作品の上映がされます!

絶対行く!行くよ!おうちも近いし。
黄金町の映画館気になってたし!

てなかんじで,いろんなとこで上映会されるのは楽しみです。

宣伝でした。

2011年6月 2日 (木)

白い不条理

とっても楽しかった芝居を見た帰り道、
何処かのバーからバンドの音が流れて来て、
あぁみんな生きてるんだなって、
作ってるんだなって。なんか嬉しくなって。

だからぴょんって飛ぶふりして。
すぽっと。空間があったら入っちゃいそうな。
ううん、本当は飛び降りたのかも。
道をビルの屋上にして。
足元のない場所に飛んだの。
きっと誰でもそう出来るはず。

でも実は白い箱みたいな蓋があいて、違う空間に。
そう、実は自死はみんな勘違いで。
みんな、ぴょんって空間を越えただけなのかもしれない。

あたしも色とりどりの惑星が描かれた傘をもって、
ピンクの大輪のお花が描いてあるシャツを着て、
ぴょんって。
違う空間が通じてる白い箱に飛んでみただけ。

地下鉄が吸い込まれるビルがある風景を、
みんな当たり前に横目にやって、
おかしいでしょ。おかしいじゃない。

でも不条理が当たり前だから、きっと、大丈夫。
そんなかんじなの。

きっと、あたしは飛びこんだ白い箱で、
パラレルワールドのあたしと、
同じ瞬間に飛び出て、
バトンタッチして。
何処か何か違うこの世界に息してる。

だから、せめておはようって挨拶する。

おはよう。

おはよう。

ね、そしたらきっと毎日が素敵な不条理なの。

2011年6月 1日 (水)

屋根裏の散歩者へ。

http://goo.gl/AEJtW

屋根裏の散歩者の写真です。

カメラマンのmasakicさん撮影。

どうも有難うございます。

興味があれば!

ちなみにあたしの好きな写真はコレ。

富江みたい!

Dsc_8943


« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »