« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

日本人形と電球

またまた放置憂いをしでかしている間に,世の中は吃驚するほど変わりました。

今回の3/11に起きた未曾有の大震災にはただただ声を失うばかりで。
被災された方々に心からお見舞い申し上げるばかりです。

1ヶ月半の時がすぎ,一昨日4/26はチェルノブイリ原発事故より25年。
そして大好きだった加藤浩次氏が生まれて42年。
...これはさておき。
さて。これからどんなことが起こるんでしょう。

あたし自身はちょっと春が来ました。
でもただの春ではありません。
春の嵐?
モンスターなのです。

ま,この春が素敵な華を咲かせたらご報告したいです。

さて。またまたホラーな夢を見ました。
世界が終わる夢シリーズにしては,大分オカルト的な。

日本人形がとにかくたくさん出て来て,意志をもって動き,人間を破滅に追い込む夢です。
何故かそんな日本人形と戦い,地球を救おうとしてくれる素敵なヒーローは豊川悦治。笑
すらっとしたそのお顔で,冷静に日本人形からあたしを救ってくれます。

舞台はおひな様の段のようなそうじゃないような,よく言い表せられないところで,多分そこがチェス盤のようで,世界に見立てられあたしたちは無数の日本人形から逃げなければいけません。
日本人形はものすごい速さで2,3体で追ってきます。その恐怖は半端ないです。

あたしがもう駄目だと思った瞬間,ふわっとトヨエツが抱きかかえてくれて空を飛びます。
そうすると日本人形も飛んで追ってきます!!これが本当に怖い。
そしてなんと日本人形が爆発するのです。いや,トヨエツがなにかの武器で応戦したのかな?それに反応して爆発したのかな?とにかくあまりの恐ろしさに目をつぶるあたしに,トヨエツがしっかり日本人形の弱点を見ろ!と言います。で,トヨエツの背中越しに見た日本人形の顔が電球になっているのです。で,え??と思った瞬間にトヨエツが次元を超え違う世界にいくのです。そうするともう日本人形たちは追っては来ません。
ここまでは奴らも来れない,そのトヨエツの言葉に安心しつつも,残された仲間たちはどうなるんだろうと,心配しているところで目が覚めました。

今回も夢だと気づいていなかったため,かなり怖かった。
そして日本人形のモデルは確実にうちのおばあちゃんの部屋にある人形なんだなー。
昔から怖かったです。ぱっつんの髪,長髪,ぱっちりした目。本当に何度も夢に出て来て下さいました。

書いてたら怖くなってきたので,やめます。

また今度はこの1ヶ月ほどに見た二つの世界の終わる夢を紹介したいです。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »