« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

25歳最後の日。

今日は2月27日、おばあちゃんの誕生日です。
そしてそれとともに、あたし千絵ノムラの25歳最後の日でもあります。

25歳おつかれさまでした。
自分的に五本指に入るほど、駄目だめな1年でした。
こんな25歳絶対思い描いていなかったでしょうね。笑
でもこれも人生のご愛嬌なのでしょう。

最後の日は、免許更新に追われたり、本当に疲れ果てている一日でした。
年のせいかしら?こんな疲れやすいのは。

26歳の抱負は、期待せず希望は持ち、焦らずけれど努力する。
そして何事にも真摯に。
なんて高い抱負かしら。

でも、20代後半にさしかかりますし、
何よりも頑張らないといけません。ね。

こんなあたしを支えてくださる多くの友人様、本当に感謝感謝です。
あたしの唯一の誇りと財産は、良い友人をもったことです。
みんな、有難う!!

てなことで、今日はおばあちゃんの誕生日もかねて、一足はやめのバースデーケーキです。
大好きなケーキ屋ミノンさんの☆(@反町)
Eが離れているのはご愛嬌。

26歳、どんな一年になるんだろう。
劇的な激しい年になるといいな。

でも、2月28日の23時30分まではまだ25歳なので、
もうすこし25歳を悪あがき。笑

476279A5-61B7-4F8D-B3EA-C04D61B8A7D5

2011年2月26日 (土)

限りなく透明の。

ある映画で人を殺してバラバラにすることを、「透明にする」と言っていたそうな。
そして不倫相手の家に行き、彼女の旦那の物がすべて隠されていたこともまた、透明にするに当てはまるという。
「透明」
人はどれだけ他人を透明にするだろう。
連絡先を消す事も、目を合わせない事も、人を透明にすることと同じ。
あたしはどれだけの人を透明にし、また透明にされてきたんだろう。
でも。本当に透明になれるのなら、それはそれでいい。
苦しくてどうしようもないのは、透明には決してなれない中途半端さ。
存在。それは時として誇りであり、また疎ましさでもある。
でも、その存在をあたしたちは噛み締めながら生きて行く。
限りなく透明とのぎりぎりの境界線のもとで。

なんて。ことを思いながら、高円寺・円盤の帰り道。
一度書いた文が消えてしまって残念このうえないです。

今日は友人山野井譲氏の「東京怪童」というイベントで、尊敬するパフォーマーの猫道さんも出てました。
ふたりはあたしにとって因縁の年代でもあり、はたまた大好きなひとたちでもあります。
偶然にも猫道さんはあたしと誕生日が同じ!なんともはやな偶然です。

9979B266-71DF-4B5E-A67D-09BB9AAED7C7

2011年2月25日 (金)

南くんの恋人。

去年になっちゃいましたが、南くんの恋人読みました。読んだ直後の新鮮さを守りたかったのですが、記事が下書きのままになっていたので、大分時間が空いてからupです。

ドラマをやっていたのは16年前だから、9歳かぁ。小学3年くらい?みてなかったのですが、内容は知ってました。でもあんなに切ないなんて。ただの幸せいっぱいファンタジー恋愛漫画にしなかった春菊氏はさすがです。

小さくなってリカちゃんハウスで遊んだり、お洋服を来たいと思うのはありきたりでしょうが、やはりみんなが小さくなりたいと思ったきっかけのは、ドラえもんのスモールライトなのでは??あたしもしずかちゃんみたいに小さくなって、ミルク風呂に入りたいと思いました。

あとあたしがよく思っていたのは小さくなったら、すごい狭い風呂なしアパートに住んでも優雅!と思ったことです。え、低レベル?笑 そうすればどんな狭くてもリカちゃんハウスとかを豪華にすればいいし、お風呂もお湯を沸かして洗面器で十分。だからすごく安いところに住める!と思いました。貧乏性が染み付いてます。

でもなんといっても、小さくなりたい醍醐味は、恋人のそばにいることなんじゃないかな。小さくなって、恋人の胸ポケットにでも入って、鼓動を感じて、一番近くにいる。そんな幸せあればいいのに。

あたしも何度となく、小さくなって恋人のそばにいたいと思いました。でもそれにはリスクもあって、見たくないものもたくさんあるんだろうな。でもそれを越えてでも、恋人のそばにいたい。そんな気持ち忘れちゃいましたね。

南くんとちよみの関係は時が経つにつれ切なくなります。恋人ではなく、それは世話する人とされる人。仕方ないけど、どうしようもない。
そしてやっぱりエッチできないのは深刻な問題。愛のバロメーターだもんね。

でもあんな最後はやっぱり報われない気がする。ちいさいと死んじゃうの??でもずっと南くんのそばにいれたちよみは幸せだったと思います。大好きな人の腕の中で、別れも知らず消えられることを羨ましいと思うのは、やっぱりあたしが陳腐だからかな。

2011年2月21日 (月)

気づけば如月。


放置プレイが続きすぎて、気づけばあけましておめでとうも言わずここまできてしまいました。
来週は待ちに待ったお誕生日であります。もう25歳も一週間。悔いが残りまくる1年でしたね。笑
あまりに時間が空いてしまったので、埋めるがごとく初写真!笑 いとこの子供ちゃんとの2ショットです。ママみたいかな??

今年に入ってみたおすすめ映画②作品。
『キックアス』
最高の娯楽映画です。いつもなら見ない類いなんですが、本当に面白かった!笑った!
とにかくヒットガールが可愛かった!あたしもあういう風になりたかった!!もう無理だけど。
娯楽映画の存在意義を考えさせられる映画でした。おすすめ。
『しあわせの雨傘』
あんまり数は見てないけども、お気に入りのフランソワ・オゾン監督の作品。なにがいいって一筋縄ではいかないところ。え!!ってなことがいくつもあって、母と釘付けになってしまいました。是非また見たい。

といきなりおすすめ映画。
本日は「身も心も」という芝居を見て参りました。
こちらも娯楽作品です。1、2、3部と見て来て、今回がファイナル。
ちょっぴり寂しい感じもします。

なんてつらつらつらつら書いてみました。
これからも、色々少しでもいいから毎日のようにUPできたらいいな。

Img_0375_2


« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »